うーん、原因はバルブ??パンクの原因をさらに探ってみた。

先日走行中に、突如プシューと音が鳴りだしてパンクした件。

GWは休みを多くしたので走ろうと思ってロードで出陣。 20キロ過ぎくらいですかね。 なんかシューシュー変な音がし出して。 謎のパンク ...

水につけても、穴が無いんですよ・・・

先日突如パンクしたラテックスチューブ。 とりあえず帰宅後にパンク穴を再度確認してみたんですよ。 無い パン...

パッチを貼って修理したいわけではなくて、単に原因を知りたいというだけ。
あれからさらに24時間経ったのですが(軽く膨らませてから58時間程度)、

空気が抜けている気配が無い・・・
最後バルブの不調かなと思うわけです。

とりあえずセットしてみる

もうちょっと高圧にすれば何かわかるかなと思いまして、余っているホイールとタイヤで組んでみました。

フロアポンプのゲージが1Bar超えたあたりから、明確な空気漏れ音。
耳を当てて音の発生源を確認すると、明らかにバルブなんですよ。

コン、コンという音は、片手で空気入れを押している音です。
シューーーー!とハッキリしたエア漏れ音。

バルブコアに何か起きているのか??
それともバルブ付近にある傷(?)みたいなのが穴なのか??

ここから先を追及するには、一度チューブを取り出して空気圧を上げてみるしかないなと思いまして。(←失敗)

フロアポンプで5ポンプくらいしたら、これですよ。

これ、タイヤ&リムに嵌めないまま空気圧を上げると出てしまうことがあります。
チューブは厚みが均一とは限らないので、軽量ブチルチューブだと出やすい現象。
ただまあ、そんなに空気入れてないのにこれが出たのは初めてだし、ヴィットリアのラテックスチューブでこれが出たのも初めて。

これが出ちゃったら、精神衛生上良くないので、使わないことにしてます。
破裂しそうw

なのでパンクの原因を追究するまでもなく、とりあえずはこのチューブはゴミ行きです。

一応バルブコアを外してみましたが、

異常があるとは思えないのですが。

パンクの原因は

たぶんバルブ付近に何か問題があったのだろうと思いますが、よくわからない結果で終わりました。
ただまあ、先日空気を入れていただけでパンクしたのとは明らかに原因が異なるので、

タイヤとリムには問題が無いと見ていいかと。

走行中にシューと凄い音がし出したの、この音なんですよ。

音の性質としては、普通にバルブを押して空気を抜いたのと同じ音。
まあ、不良品だったのかも。
よくわかりません。

最初この音、自分が発生源だと思わなかったんですよ。

誰??何??みたいな。

経験したことが無いタイプだったので困惑しましたが、あれが下り坂で起きていたら爆死していた可能性もあるわけで、まあまあ困る。

この膨らみ自体は、恐らくパンクとは無関係です。

チューブをナマのまま膨らますと、起こることがある現象です。
もちろん怖くて、これ以上空気を入れるプレイはしません。
パーン!みたいな結末しか見えない。

歪な膨らみから一度空気を抜くとわかるのですが、あきらかにここだけ触ってみても薄くなってます。
こういう状態でも、もうちょっと空気を抜いてタイヤ内に押し込むことはできますが、過去の経験上、これをタイヤ内に押し込むとパンクリスクは高い。
たかだか千円ちょっとをケチってもしょうがないし、たった千円ちょっとをケチったばかりに爆死したら後悔するわけで、ケチるところとケチらないところは明確にしたほうがいいですね。