PVアクセスランキング にほんブログ村

タイヤの飛び石問題。マジで嫌。

先日ロードバイクに乗ったときなんですが、なぜか小石を全力で吹っ飛ばすケースが一日で7,8回あった。
普段、数回乗って一回起こるかどうかなのに、コースが悪かったのか。
ある工場地帯みたいなところを通過したときに、やたら小石が多くて、ガンガン吹っ飛ばしてしまい。

飛び石

小石をタイヤで当てれば、小石はあらぬ方向に吹っ飛ぶのは当たり前。
ただまあ、車のほうに飛んで行ってガツンとぶつかる音とか、歩道側に飛んで行って何かに当たっている音とか。

あれが人だったら、マジで危険。
小さい子供とかだと、下手すりゃ顔面ヒットとかするんじゃないかとヒヤヒヤします。

ただあれも、防ぐ方法があるのかというと・・・特にない。
荒れ気味のところを通らないことが一つの解決になるのかもしれませんが、綺麗な路面でも小石があるときはありますし。

やたら左に寄り過ぎないことは一つの対策にはなります。
道路の路肩部分に近いところとか、異物のデパートや!というほどおかしなものが落ちていることはありますし。
幹線道路を走っていると、たまに路肩に靴が落ちてません?
しかも片足だけw
あれの意味、いまだによくわからないのですが、いったい何がどうなると靴だけ落ちているんでしょうかね。
事故なら現場検証で回収されているし、ゴミとして捨てているというのも謎ですし。

飛び石は誰の責任?

飛び石で誰かを傷つけてしまったとしても、もちろんですが暴行罪とか傷害罪に問われることも無いですし、器物損壊になることもないです。
これらは故意犯じゃないと成立しないので、誰がみても小石だらけのところを全力で通過した・・・みたいな話以外では未必の故意も成立しませんから。

ただ、気分的にはよろしくない。
経験上、タイヤの銘柄次第でもやたら飛び石が発生するタイヤもあるのですが、あれも偶然なのか必然なのかすらわかりません。

それにしてもこの日、なぜか信号無視するロードバイクを複数見てしまい。
バカなんじゃないかと思うのですが、実際バカなんでしょうね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…

コメント

  1. blank KARERA乗り より:

    飛び石は乗るたびに発生しますが
    横を自動車が走っている時に小石が当たってしまうと
    非常に気まずいですね

    ほぼ100%ボディに傷が付いていると思いますがどうしようもない
    これを避けるには渋滞時、車の脇をすり抜けるのをやめるのと
    車と並走しないようにすることなんですが
    難しいです

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      不可抗力とはいえ、お互いにいい気持ではないですよね。
      個人的にはタイヤの銘柄でも弾きやすい・弾きにくいはあるかなと思ってます。