PVアクセスランキング にほんブログ村

キャットアイ ViZ300への期待感。

自転車ライト界の最大手というとやはりキャットアイ。
猫目です。

世界での評価が高いと言われるキャットアイですが、より被視認性を高めたViZ300というリアライトを出してきました。

キャットアイ ViZ300

https://www.cateye.com/jp/products/safety_lights/TL-LD810/

メーカーHPによると、このように説明されています。

最大300ルーメンの明るさで日中でも視認できるデイタイムライト

最大300ルーメンなのでかなり明るい。
で、個人的に注目しているのはルーメンでも〇ーメンでもなくて、色なんですよ。

普段リアライトは、主に二つ使ってます。
一つはキャットアイのラピッドマイクロオート。

もう一つはオーライトのRN120。

blank

※キャットアイのほうはサドルバッグの下にしてます。

blank

で、この二つのライトなんですが、キャットアイのほうを晴天で日差しが強い日に使うと、ライトの点灯・点滅がよくわかんないんですね。
夜間使う分にはどちらもいいんですが、

blank

※オーライトのほうが光が強く見えるのは、点滅のタイミングの問題だと思いますw

デイライトとして使うにはキャットアイのほうが若干物足りないなと。
曇り気味の日は問題ないけど。

で、新しく登場するViZ300。
真ん中の点灯部、ややオレンジ系の光に見えます。

以前、先行しているロードバイクのデイライト、弱いオレンジ系で近づかないとわからなかった話を書いているのですが、

blank
こちらの記事にご意見を頂きました。 amazonでもよく見かけるモーションセンサー式のテールライトは一時期欲しいと...

実はオーライトのRN120も、ややオレンジ系。

キャットアイのラピッドマイクロオートは、赤系。

デイライトでは、ややオレンジ系で、かつ強めの光のほうが実は被視認性がいいんじゃないか?と思う面もありまして。
オレンジ系で弱い光だと、デイライトで使うと日光と被るのかサッパリわかりませんが、ややオレンジ系+強いとむしろ見やすいのかもと思うときもあって。

特に根拠はありません。

このあたり実際に、日差しが強い日に使ってみないとわかりませんが、最大300ルーメンという点は評価したいポイントですね。
見たところ、オレンジ色が結構強いのかなと思うので、日中、日差しが強い日のデイライトでどう見えるのか知りたいところ。

夜間は全く問題なく行けそうです。

なお点灯時間はこのようになってます。

モード 持続時間 ルーメン
点灯 約5時間 30
点滅 約45時間 30
グループライド 約8時間 100
デイタイムハイパーフラッシュ 約10時間 300

デイタイムハイパーフラッシュのときだけ300ルーメンとなっているので、デイライトでの被視認性にこだわったのかもしれません。

店頭限定販売

このViZ300ですが、リアル店舗限定販売になっています。
GVOLT100と同じですね。

blank
キャットアイから登場した新作ライト、GVOLT100。 私、あんまり興味が無かったのでGVOLTのGって、GREATとかそういう話だと思っ...

被視認性ですが、ライトの色、ライトの強さ、ライトの照射角度など様々な面で変わるので何とも言えないところですが、ちょっと興味あり。

英断なのは、モーションセンサーが付いていないこと。
モーションセンサー、バッテリーをかなり食うので、ぶっちゃけなくてもいいのかなと。
どこでどれだけ反応していたのかも不明なので、気が付くとバッテリー切れに陥っていることもあって、どれくらい持ちそうなのかが読みづらいですし。

blank
以前オーライトさんから頂いた、リアライトのRN120。 これ、モーションセンサーのブレーキライトが付いているわ...

値段は4,400円(税込)なので、私が使っているラピッドマイクロオートと大して変わらない値段なんですが・・・
夜間については、まともなリアライトであればどれでもバッチリ見えますが、デイライトだと見えやすいもの、見えにくいものはそれなりにハッキリするような気がします。
日差しの強さなどにも左右されますが・・・




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…