4700ティアグラ用チェーン、CN-HG95とCN-HG54は何が違うのか?ついでにシマノ11sクイックリンクが激安な件。

現行の4700ティアグラというと、なぜか旧10速(7900デュラなど)と互換性がないパーツが多いことでも有名です。
そのため、旧10速用チェーンのCN-6701(10速アルテグラ)すら使えず、CN-HG95かCN-HG54を使うこととなっています。

何が違うの?という点について。

CN-HG95とCN-HG54の違い

この違いは簡単で、CN-HG95にはシルテック加工されているという点の違い。

CN-HG95CN-HG5CN-6701
アウターリンクプレートSIL-TEC××
インナーリンクプレートSIL-TEC××
ローラーリンクピン×××
重量273g273g272g
値段(税込)3,3022,8093,109(114リンク)
適応470047007900,6700、など

CN-HG95はアウターリンクプレートとインナーリンクプレートにシルテック加工。
シルテック加工=フッ素コーティング加工だと思えばいいわけですが、シマノ的には耐摩耗性が20%向上、回転摩擦が60%向上しているという謳い文句。

現行アルテグラ(R8000)のチェーンもアウターリンクプレートとインナーリンクプレートにシルテック加工されているので、アルテグラグレードに近いものと思えばいい。

95と54では価格差がほとんど無いに等しいレベル。
なので悩むこともなく、CN-HG95を買っておけばいいということになります。
ただし旧10速(7900や6700、5700、4600など)には使えません。
6701を4700ティアグラに使うこともNGですが、実際には使っている人もいるらしいですね。
けどチェーン的にはCN-HG95のほうが上位になるので、素直に95を使ったほうがいいかと。

4700ティアグラですが

シマノ現行ロードコンポは、ティアグラ以外は【R】が付いちゃってます。
R8000とかR3000とか・・・
謎の存在になってしまったティアグラさんですが、旧105(10速5700)よりもフロント変速は明らかにいいですし、これはこれで一つの完成形とみていいんじゃないですかね。

というよりもシマノさん、たぶんティアグラ以下はしばらくモデルチェンジしなそうな雰囲気。
ソラとクラリスさんは、油圧ディスク化しないでしょうね・・・

一昔前だと、デュラエースもティアグラも10速だった時代があって、105とティアグラの間には見た目の大きな差がありました。
105以上はワイヤーがハンドルバーに内蔵されるワイヤールーティング、ティアグラ以下は触角と呼ばれたアレですね。
けど今はクラリスでもワイヤー内蔵系なので、見た目で嫌ということはないのかなと。

コンポなんですが、上のグレードになればなるほど、軽量だし、変速性能もいいということになるわけですが、ランニングコストという面で見ると、下位コンポは優位。
スプロケットにしてもチェーンにしてもチェーンリングにしても、下位コンポのほうが安いのは当たり前の話ですし。

ただまあ、上位コンポには上位コンポなりの独自技術が使われていて、それにより変速性能や剛性は向上してます。
クランクで言うと、105以上はホローテック2で中空クランクになってますし。
アルテグラ以上だと、チェーンリングも中空化することで軽量性と剛性を上げている。

昔みたいに海外通販でコンポセットを安く買って交換・・・というのが事実上しづらい。
シマノ製品は規制されちゃってますし。

どうでもいい話ですが、11速用のクイックリンクがとんでもない値段で販売されていることに気が付きました。

クイックリンクも品薄で高騰しているのかと思いきや、どうも違う。
SM-CN900が50個セットになっているようですw

SM-CN900は2個入りで定価が1599円。
上のモノは50パック(2×50)なのか、クイックリンクだけ50個なのかどっちにも取れそうなことが書いてあるのですが、定価ベースだとクソ安いことになりません??
楽天でも同じものがありますが、そっちの説明だとクイックリンクが50個入りになっている。


クイックリンク2個セットで定価が1599円。
一個当たり799.5円ですが、50個セットだとさすがに相当安いですね。

シマノのクイックリンクは再利用不可ですが、個人で50個のクイックリンクを消費するのはさすがにいないですかねw
ショップ用とも取れますが、仲間内で買っておけば相当ホクホク出来る値段です。