PVアクセスランキング にほんブログ村

いまだに電車内で喫煙する人がいる時代。

先日電車に乗っていた時のこと。
平日の昼間です。

なぜここに?

ほぼ理解不能ですが、優先席のところ。
なぜか吸殻が二本落ちている。

んー、令和のこの時代に、電車内で喫煙する人がいるんですかね?笑
ちなみに営業キロ数も長い、有名路線です。
マイナー路線ではない。

昭和の時代なら、田舎のほうに行くと灰皿付きの電車とかありましたけど・・・
今って令和ですからねぇ。

ちなみにこれ、違法行為になります。
鉄道営業法ですね。

第三十四条 制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス
一 停車場其ノ他鉄道地内吸煙禁止ノ場所及吸煙禁止ノ車内ニ於テ吸煙シタルトキ
二 婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ

鉄道営業法って成立したのが明治時代なので、いまだにこんな文面なんですよね・・・
ちなみにですが、電車内でタバコ吸って見つかっても、80円以下ではないのでご注意を。
罰金等臨時措置法により、1000円以上1万円未満の科料となります。

サイクリストの話

サイクリストと電車というと、輪行が最も関わる部分かなと思いますが、

こういうのを書くと輪行警察24時とか言われるんですかね。 先日、平日の昼間にある駅で、コクーンを転がしている方がいましたよw ...

いまだにコクーンで、後輪をむき出しにして転がしている人を見て驚愕しました。
令和のこの時代でもいるんだ・・・と。

これについてはいろいろと思うところはありますが、後輪を外さずに使うタイプは規定内に収まる可能性は低いので、基本使えないものと考えたほうがいいですよ。
使えると公言するような人もいるので、霹靂しますが。

ロクに調べもしない人が語りだすと、ホントいいことないんだよなぁ。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…