PVアクセスランキング にほんブログ村

エアロはデカくなる方向が2022年のトレンドなんですかね?

ビアンキの2022年モデルと思わしき画像。

ビアンキのグローバルサイトに、2022モデルっぽいオルトレXR4の画像が出ています。 なんかロゴがデカくなっているような気がす...

オルトレXR3とXR4、ロゴがデカくなったなぁと思うわけです。
オルトレはレーシングバイクですが、エアロ気味のレーシングバイクというところ。

ジャイアントの2022年モデルを見ていると、エアロフレームのプロペルもロゴがデカくなっているw

2022 GIANT PROPEL

こちらが2022年モデルのプロペルアドバンスドSL1 DISC。

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000096

同じプロペルアドバンスドSL1 DISCの2021年モデル。

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000014

やっぱりロゴがデカくなっているのは間違いない。
GIANTのTが、既にヘッドチューブに掛かってますし。
Gの文字なんて、チェーンリングのギリギリまで頑張りました!みたいな。

オールラウンドのTCRなんかはロゴが肥大化していない様子。

管理人
管理人
2022モデルのトレンドって、エアロ系はロゴをデカくする方向性??

エアロフレームだとフレームの面積も広いので、その分ロゴも増し増しにしておきました!みたいな発想なんでしょうかね?

2021モデルでは角度によって見え方が変わる、カメレオンカラーを採用したブランドがいくつもありましたが、2022モデルのトレンドはデカロゴなのかもしれません。

トレック・・・

デカロゴというとトレックが有名ですが、やはりロゴを目立たせたほうがマーケティング的には有効なんでしょうか??
プロレースでは確かに目立つかもしれませんが・・・

従来くらいのロゴの大きさのほうが個人的には好みなんですが、しばらくデカロゴの流れは続くのかもしれませんね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…