PVアクセスランキング にほんブログ村

【2022モデル】BIANCHI E-IMPULSO ROAD。たぶん日本では販売されませんが。

ビアンキのインプルソというと、かつてはアルミフレームのロードバイク、現行モデルだとグラベルロード。
海外モデルではIMPULSO E-ROADとINPULSO E-ALLROADというE-BIKEがありました。

ビアンキはこの一年くらいで、アルミロードを減らしてカーボンを主軸にしている気がします。 ここ数年存在した、NIRONE、IMPULSO、F...

日本では販売されていないE-BIKEですが、2022モデルではモデルチェンジしているようです。

2022 BIANCHI E-IMPULSO

https://www.bianchi.com/the-new-eimpulso/

旧モデルと比較すると、ダウンチューブ周りがスッキリしたような。
こちらは2020モデルのIMPULSO E-ROAD。

ダウンチューブが明らかにすっきりした。
最大タイヤ幅は40mmまで。

https://www.facebook.com/bianchiofficial/videos/1481314858866700/

IMPULSOのE-BIKEにはE-ROADとE-ALLROADの二つがあるのですが、フレーム自体はジオメトリも同一ですし同じなんでしょう。
付いているパーツの違いで分けているっぽい。

基本的な方向性としては、ツーリングバイク(E-ROAD)とグラベルロード(E-ALLROAD)のようで、グローバルサイトでは前者がR8000アルテグラディスク完成車、後者はGRX600系完成車となっているようです。

ただまあ、日本でも販売があるかというと・・・これは謎。
海外と日本ではアシストの規制が異なることもありますが、最近はE-BIKEも日本に浸透しつつあるとはいえ、まだ海外ほどの熱量ではないのかなと感じます。

GRX600系完成車のほうはフロントシングル仕様。

E-ROADE-ALLROAD
フレームアルミ
フォークフルカーボン
STIアルテ8020(サイズ47のみ8025)GRX600
クランクアルテ 50-34FC-RX600 40T
FD、RDアルテRX 812
スプロケ105 11-32TCS-M7000 11-42T
ブレーキアルテ油圧BR-RX400
ホイールチューブレス対応
タイヤVITTORIA ZAFFIRO PRO V G2.0 32cケンダフリントリッジ35c

ヨーロッパではE-BIKE?

ヨーロッパではE-BIKEがバカ売れみたいな話も聞くのですが、実際どうなのかは正直わかりません。
日本では最近は多少話も聞きますが、どうなんですかね?

個人的には前に乗っていたロードバイクがIMPULSOなので、

グラベルロードとE-BIKEになっているのはちょっと悲しいかな。
ロードバイクのIMPULSOも残して欲しかったですが・・・

ただまあ、このビアンキのEーBIKEは勝手な予想としては、日本では販売されないような気がします。
ビアンキも直営店を増やしているのですが、10年くらい前よりもビアンキは勢いがあるように感じます。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…