PVアクセスランキング にほんブログ村

GP5000クリームサイド再販決定。重量は重くなるけど・・・

人気が高いクリンチャータイヤというと、コンチネンタルのGP5000。
昨年、ツールドフランス限定モデルのクリームサイドカラーが限定販売されましたが、

コンチネンタルから、人気が高いロードタイヤGP5000の限定モデル、Grand Prix 5000 SPECIAL EDITION TOUR...

再版されるようです。

GP5000 クリームサイド

タイヤとしての性能はGP5000そのもの。
サイドウォールのカラーが違うだけの話。

ちなみにGP5000にはブラウンサイドカラーもありますが、それぞれ重量は違います。

ブラウンクリーム
23c200g
25c225g230g255g
28c240g240g265g

ブラウンサイドカラーだと、25cで5g増量。
クリームサイドだと、何とビックリ23cで30gも増量、28cで25gも増量しているシロモノです。

5g10g程度の差ならまだしも、30gも増量だとやや微妙。
とはいえこれってそれなりに人気があるのかなと思ってまして、重量増加よりも見た目重視の人もいますし。


ラバーコーティング

クリームサイドのGP5000が大幅な増量キャンペーン中なのは、サイドにラバーコーティングしているから。
ブラウンサイドは違うんですかね??

このようならべーコーティング加工することによって、サイドカットには強くなっているはず。
なので重量増加よりもサイドカット対策したいならこれもいいのかなと思うのですが、GP5000でサイドカットしたことが無い私にとってはさほど魅力的というわけでもありませんw
汚れも目立ちますし。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…