【2022モデル】GIANT CONTEND2。クラリス完成車でも10万超えする時代へ。

ジャイアントのコンテンドというと、アルミフレームで低価格で初心者向きというイメージになる一台。
2022年モデルが発表されていますが、クラリス完成車でも10万超えとなってしまいました。

2022 GIANT CONTEND2

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000106

コンテンド2はクラリス完成車で、サブブレーキレバーが付いているモデル。
2021年モデルが税込9万4600円でしたが、2022年モデルはなんと税込10万3400円となります。

クラリス完成車で10万を超える時代なので、なんか切ないですね・・・

ちなみにスペック的に何かが変わったというわけでもないようで、クランクは相変わらずFSAのTEMPO。
ブレーキキャリパーはテクトロです。

クランクとブレーキキャリパーをケチっても10万アンダーにはならない時代。
コロナ禍の恐ろしさと、シマノの値上げの影響なんでしょうかね。

エスケープに続いて【MS】モデルも

エスケープR3にはMSモデル、つまりマイクロシフトに置き換えたモデルが登場しています。

順番が前後しますが、トレックは一部ですが2022年モデルを発表してます。 ジャイアントも2022年モデルの一部を発表していますが、超定番ク...

同様にコンテンド2にもMSモデルが登場しています。
こちらはFD,RD、スプロケをマイクロシフトにしたモデルですが、税込み10万1200円。
シマノモデルとの価格差は2200円なので、微妙です。

ジャイアンというと、台湾ブランド、世界第一位、安いなどが一つのキーワードだったと思います。
クラリス完成車というと、数年前なら8万円台とかだったはず。
こういう時代なのでしょうがないのかもしれませんが、2022年モデルでは10万アンダーのロードバイクがほとんどないかもしれません。