【2022モデル】FUJI JARI。継続モデルです。

FUJIが2022年モデルの一部を発表していますが、まずはグラベルロードのJARI。
JARIについてはカラーリングなどの変更のみで、フレームに付いては継続モデルです。

2022 FUJI JARI


JARIについては継続モデルなので、フレーム&フォークのスペックは変更がありません。
メインは6061アルミを使用し、リアエンドは6066アルミを使用して頑丈性を確保。

オフセットシートステイを採用することで、シートチューブをしなりやすくして振動吸収性を確保し、リア三角を小さくすることで駆動剛性も確保しているフレームです。

画像を見ると分かる通り、


至る所にダボ穴があり、トップチューブバッグ用のマウント、ボトルケージ用マウントが豊富。
ボトルケージは最大5個装備可能です。
こういうスペックはどのグラベルロードでも同じようなものですが、アルミグラベルというと、レーシングというよりもツーリング向きに使う人が多いかなという印象です。

JARIは3つあります。

JARI1.3JARI1.5JARI1.7
フレームA6-SL Super-Butted Aluminum
フォークフルカーボンクロモリ
STISRAM Apexティアグラソラ
クランクFSA Omega 40TFSA Vero pro, 46/30TFSA , 46/30T
FDティアグラソラ
RDSRAM ApexティアグラGSアリビオ
スプロケSRAM  11-42T, 11sShimano , 11-34TShimano Hg200-9
ブレーキTektro TR160-22(油圧ディスク)ティアグラ油圧ディスクTektro Mira(機械式ディスク)
ホイールWTB ST i23 12mm thru-axle front /12mm thru-axle, rear/QRWTB SX19 QR
タイヤWTB RADDLER 700×40CPANARACER Comet Hard Pack 700×38c
重量10.3kg10.4kg11.9kg
値段(税込)258,500203,500139,700

あれっ?と思うのは、メーカースペックによると、JARI1.3は前後スルーアクスル、1.5は前スルーアクスルで後ろがクイックリリース、1.7は前後クイックリリースになっています。
このあたり何か不思議な感じもするので、こだわる人は確認してから購入したほうがいいかも。
フレームを上位と下位で作り分けている・・・とも思えず。

2021年モデルのJARI1.7 のスペックを見ると、スルーアクスルと書いてあるし・・・


というよりも、2021年モデルの1.7はカーボンフォークとなってますねw
2021年モデルの定価が税込129,800円、11.9㎏なことを考えると、2022モデルもカーボンフォークなのかも。
2022モデルは139,700円、11.9㎏ですし。
ここは注意したほうがいいかもしれません。

1.3だけはフロントシングル仕様です。
1.7はカーボンフォークではなくクロモリフォーク仕様なので、総重量はかなり増えますね。
その分、荷物を積載しての安心感はあります。

納期が・・・

通販サイトで見る限りですが、1.3は8月以降予定、1.5は10月以降予定、1.7は来年1月以降予定となってます。
うーん、コロナ禍コロナ禍・・・

ちなみに2021モデルではJARIカーボンがありましたが、2022年モデルではまだ発表されていないのでよくわかりません。
2021モデルが大特価になっています。


JARIに乗っている人って結構多いような印象なんですが、値段も手ごろだし、入手性もいい。
ただし2022年モデルでも納期が遅れることは十分予想できるので、FUJIに限らずまだまだどのメーカーも入手困難な事情はしばらく続きそうです。