ダブル左折レーンについて再考する。

だいぶ前にも書いた内容です。

超危険な事故未遂の映像がありました。 よくこれで死ななかったですね・・・ さて、このようにダブル左折レーンの構造...

ロードバイクは直進する場合、第一通行帯が左折レーンであっても、その中からしか直進できません。

けどダブル左折レーン構造の場合、第一通行帯の中で右に寄ったとしても、第二左折レーンからのアタック問題は出てしまう。

ダブル左折レーンの直進方法

もしダブル左折レーンで直進するとした場合、早い段階で第一通行帯の中で右に寄って(&右に寄る手信号を出して)、やたら後ろをチラチラ見ながら後方確認&視線で直進意思を伝えるしかありません。

これについてですが、いくつかリスクがあります。

①早めに右に寄ることで、後続車からすると進行妨害されていると誤解する

車のドライバーの中には、自転車のルールをわかってない人も多い。
進行妨害されていると勘違いして、今の時代だと煽り運転に繋がるリスクもある。

②第二通行帯のドライバーが意味を理解するかは謎

左折するときに、一度右に寄ってからアウトインアウトみたいなプレイする自転車ってたまにいるんですよ。
速度を落とさずに通過したいんでしょうけど、左折方法としては違反(34条)。

第2通行帯にいるドライバーが、自転車の意思を理解できないままだとやはり事故る。

そうすると、違反ですがこれが安全なのかという問題になる。

右レーンに寄るまでが危険ですが、一度寄ってしまえば左折巻き込みリスクは回避できる。
けど違反。

実態としていうなら、こういう走り方しているロードバイクってそこそこ見かけますけどねw

交通量次第でもありますが、結局のところ道交法って、こういうケースまでは想定してないから自転車には無理があるのだろうと。

結局のところ

安全性重視で行くなら、とりあえず一旦流れに沿って左折してしまうのが吉。

どこまで横断歩道などで渡って、戻りたいなら戻ればいい。

どうしても直進する場合は、
①第一通行帯の中でなるべく右に寄る
②右折の手信号を出す
③後ろをチラチラ見て、第二通行帯の車にも合図しておく

こうするしかないです。
私の場合はこれを見て以降特にですが、

車のドライバーは自転車のルールなんて理解してないし、左折レーンからしか直進出来ないルールを理解していない。
ドライバーが道交法を理解していると思って変な信用すると、死ぬリスクが高まるなと感じます。

自転車乗りでも道交法を理解してない人はいるのと同じ。
免許持っていても、それは車のルールについてがメイン。

安全運転でどうぞ。