たまには珍しい竿の話でもしようと思う。

あるところで専売されている、自由力という棒的回転装置があります。
自転車であれば、必ず二本ついているのが某的回転装置。
左右の棒を足で動かすことでサイクリング可能になる装置ですが、自由力という棒的回転装置があり、Sで始まる高分子化合物を使うことにより棒的回転を促進するというか、効率を上げるというほうが正解かも。

ちょっと前に、一つの起源と、ママチャリにこの自由力が搭載されていた関係で、試乗しています。
ちょっと前と言っても、半年以上前なんですけどねw

まいったか!

何のことやらわからないように、特定名詞を避けています。
理由はこれです。

ずいぶん前にこういう記事を書いているのですが、 乗って感想を書くべきというご指摘と、ターゲットは電動アシスト自...

逆SEOとでもいうのでしょうかね。
普段からSEOなんて一切意識せずに書いていますが、こういうプレイをすると何が起こるのかの実験も兼ねていますw

わかりづらいので、用語の略称を決めておきます。

・棒的回転装置の自由力 ⇒ 自由力
・Sで始まる高分子化合物 ⇒ S
・棒的回転装置 ⇒ 竿
・棒的回転装置の先にある踏み台(回転式) ⇒ 竿頭
・一つの起源 ⇒ 一つの起源

自由力のレビュー

前からこの自由力という竿については、気になっていました。
まるで電動アシストみたいな・・・みたいな触れ込みだったはずですし。

レビュー対象となったのは、2台の自転車です。

・一つの起源 ⇒ 自由力装備(短小の竿)
・ママチャリ ⇒ 自由力装備(竿の長さは不明)

某所で試乗しました。

で、ハッキリ言いますが、これを電動アシストと同じ効果を期待しているなら、その期待は大きく裏切られることになります。
電動アシストに乗ったことがある人なら、その登坂力はよく知っていることと思います。
平地でも、グンと初速が凄いのも。

自由力ですが、竿頭に足を用いてパワーを入力して、後輪が遅れて回転するようなイメージでした。
ワンテンポ遅れて後輪が回りだすような。
これは一つの起源のほうが、より強く感じます。
ただし、自由力のSを潰しているような感覚があるわけでもない。

初動が苦手で、一定の速度で順行する分にはまあまあみたいな感じです。
初動が苦手なので、登りはとにかく相性が悪い。
登りでゼロスタートだと・・・普通の竿よりも劣るかもしれません。
勢いをつけて登るなら別でしょうけど、どの竿でも勢いがついていれば軽く回りますからねぇ・・・

それもあって、何とか月曜日については正直意味不明なんですよ。

電動アシストでラクに登る方法って、後ろ重心にして竿頭をそっと押すような感じです。
トルクが小さいほうがアシスト力が高いので。
一つの起源でも、後ろ重心気味にしながら竿頭を押すようにパワーを入れると、登れない。
登りでのゼロスタートについては、普通の竿が付いているママチャリよりも劣るかもしれません。

こういう経験をしたため、自由力については否定的です。
何がいいのやら。

竿の条件

以上の経験から、竿には十分な硬さ(剛性)と、適切な長さは必要だなと思います。
身長に応じた適正な長さと、硬さがないと自転車はきれいに進まない。

電動アシストと同じ効果を期待しているなら、期待を大きく裏切る結果になるでしょう。

ちなみに今回の記事はある種の実験です。
固有名詞を置き換えた場合、検索に引っ掛かるのかどうかの実験。

私にとってはページビューとか基本どうでもよくて、普段から見てわかるように、タイトルってかなり適当に付けてます。
SEO業者にもったいないと言われたことがあるのですが、私が言ったのは【あなたと付き合う時間のほうがもったいない】と。

最近のグーグルさんの基準ってよくわかりません。
そもそもSEO業者と呼ばれる人たちって、何か根拠があって指導しているわけでもないんですよ。
検索上位にいるページを分析して、【キーワードは何%程度がいい】とか【タイトルの左側にキーワードを入れろ】とか、勝手な予測をしているだけ。

けどまあ、全く根拠がない情報を元に、長文書くのはSEO目的だ!とか批判している人を見ると、悲しくなります。
なぜデマ情報を使ってまで他人を非難するのだろうか?と。

けどまあ、サイクリストが乗るのと、非サイクリストが乗るのでも話が変わる可能性もあります。
私の経験では、正直なところ自由力という竿についてはメリットを一切感じませんでしたし、電動アシストと同じ効果を求めているなら大きく期待を裏切られる結果になるかと。