変速調整が抜群に決まっていると、本当に気持ちいい。

変速調整するの、結構好きなほうなんですが、プロでもないので日によって僅かなバラツキは出る。
不満が出るほどの変速ではないにしろ、僅かに違うなという日もあるし、今日はバツグンだなと思う日もある。

変速調整

バラツキが出る要因を考えると、調整自体の問題もあれば、チェーンの汚れ具合、チェーンやスプロケの摩耗・劣化も当然関係する。
それこそ、クイックの締め具合でも僅かに変わるので、パンクした後に僅かに変わることもある。

変速調整の動画は、ユーチューブで探せばいくらでも見つかると思うので、テキトーに探してみるのがいいのですが、ハイローボルトを調整しなければならないケースってそこまで多くないと思う。

ちょっと前から、リア変速がやたらともっさりしている気がしていました。 さらにリアをシフトアップしていくと、なぜかトップに入らない。 ...

ここはRDの動く範囲を制御しているだけなので、完成車で買っているならそもそも調整は済んでいる。
よっぽどおかしな調整ではない限り、ワイヤーのアジャスターを動かすだけで十分。

変速調整って根気というか、アジャスターも少しずつ回して最適解を求めるしかない。
クラリスとかでも、突き詰めると変速はかなりスムーズになりますが、下位グレードと上位グレードの変速の差が出るのってリアよりもフロントだと思う。
リアはそもそも、歯数差が1T~4T程度を動かすだけなので、どのグレードでもすごく差が出るというわけでもない。
フロントは一気に16Tとか動かす関係上、下位グレードはもたつく。

これはチェーンリングの剛性も関係するし、そういうもんだと思うしかないです。

プロショップの調整でも

プロショップと呼ばれるところでも、正直なところ変速調整が下手なところもあると思ってまして。

以前、あるショップでレンタルホイールを借りたときのこと。
スプロケを移植して、ショップの人が変速調整までしてから貸し出しなんですが、ちょっと乗っただけでダメだこれ感がハンパなかったことがあって。

ダメだこれ感は、ホイールの性能ではなく変速のほう。

ホイールのレンタル代と工賃も掛かっている割には、なんか雑な変速調整だなと・・・

あれってなかなか不思議に思っているのですが、ショップの人でも突き詰めて調整するわけではないにしても、これはダメだと思うレベルの調整をされると悲しくなる。
こういうときは一旦降りて、バイクを逆さにして変速調整開始。

ロードバイクに乗っていて不思議に思うことがあるのですが、同じ空気圧に設定しても、今日は凄くいいなと感じるときもあれば、なんか今日は違うなと思うときがある。
あれは空気圧のせいではなくて、私自身の体調のせい・・・なんですかね。
今日はすごく気持ちよく走るなと思うときと、普通だなと思うときがある。

変速調整も空気圧も、突き詰めると奥が深い。
まあ、単に自分自身の調子の問題かもしれないですが・・・

ちょっと前に、プロ選手がメカニックの調整が気に食わなくて激オコしたみたいな話があった気がするのですが、プロのメカニックでも常にベストなセッティングに出来るわけでもないし、ロードバイクのメンテナンスって簡単だけど難しい。
メカトラブルは命に関わる系もあるので、普段からよく触ることと、興味を持って接することって本当に大切。

永遠に初心者だと、重大なミスに気が付かずに爆死する可能性もあるわけなので。
最近特に思うのですが、ちょっとした違和感であっても、早めに原因を探っておくことって大事だなと思う。
ロードバイクでいうと、異音ですね。
異音は原因の特定が難しいことも多いですが、最低限、重大な問題が起こっていないことはチェックしておくべき。

読者様から聞いた話ですが、異音の原因がわからなくてショップに持ち込んだら、BBが割れていたという話も聞きました。
あんなもんが割れるって相当なレアケースだと思いますが、フレーム内で分離していたとか。

そういや先日、ママチャリに乗っていてなんか変な感触がしたと思った瞬間、シューって凄い音がいてパンク。
なんだ??と思ったら、タイヤがバーストしてました。

ママチャリ、ちゃんとチェックしてないと本当はダメですよね。
あれがスピード出ている下り坂だったら、最悪の場合は爆死しているわけで・・・
ロードのタイヤは乗って帰ってくるたびに拭いて確認してますが、フルフェンダーが付いているママチャリってどうもチェックし忘れる(←言い訳)。