【2022】BIANCHI VIA NIRONE7 105&ソラ。値上げ感が・・・

ビアンキの定番アルミロードというとニローネですが、2022モデルでも当然ですが継続です。
ただまあ、2021年モデルと比較して値上げが結構大きいようでして・・・

2022 BIANCHI VIA NIRONE7

https://www.japan.bianchi.com/bike-detail?id=20

VIA NIRONEというのはニローネ通りという意味。
ビアンキ創業の地名から取っている伝統の名前です。

2021年モデルでは105完成車とソラ完成車がありました。
2022モデルでも同じなんですが、どうも値上げが結構大きい。

20212022
105完成車162,800190,300
ソラ完成車121,000145,200

うーん、105完成車で19万ですか・・・
シマノコンポの値上げもあるし、コロナ禍で輸送量が増大しているししょうがないといえばしょうがない。

スペックを比較してみます。
まずは105完成車から。

20222021
STI105
クランクシマノRS510 50-34T
FD,RD105
スプロケ105 11-32T
ブレーキシマノ BR-R561
ホイールシマノ WH-RS100
タイヤVITTORIA ZAFFIRO 25c
サドルVELOMANN 2075HRNSelle Royal SR 2075HRN
シートポストVELOMANN ALLOY SHAFT AL6061JD JD-SP02.1
ステムVELOMANN, ALLOY 6061JD JD-ST182A
ハンドルVELOMANN COMPACTJD-RA38

サドルやらステムやら変更されてはいますが、基本的にはほぼ同等でしょうし、単純な値上げの要素が強いのかと。

ソラ完成車のほうも見ていきます。

20222021
STIソラ
クランクシマノFC-R345 50-34T
FD,RDソラ
スプロケソラ 11-32T
ブレーキVELOMAN VM476ソラ
ホイールVELOMAN ABR-1 手組 C17Alex AT470手組
タイヤVITTORIA ZAFFIRO  25c
サドルSELLA ROYAL VELOMAN 2075HRNSelle Royal SR 2075HRN
シートポストSP02.1 ALLOYJD JD-SP02.1
ステムST182A ALLOY 6061JD JD-ST182A
ハンドルRA35A COMPACTJD JD-RA38A

ブレーキがシマノソラからVELOMAN VM476に変更されているくらいですが、これの実力はよくわかりません。
まあ、ソラのブレーキキャリパーも素晴らしいと言えるほどでもないので、どうせ105以上のブレーキが欲しくなることを考えるとどうでもいいような気もしますがw

デザイン的には

ロゴのカラーリングが2021年モデルと比べて微妙に変化しているというか、2021年モデルではブラックのロゴと、ブラックのラインがフォークに入ってます。


2022年モデルでは、ここがシルバーに変更。
ニローネの値上げは正直痛いというか、エントリーグレードが値上げされるとちょっと厳しいところ。
特に2022年モデルのビアンキは人気が高いオルトレXR3がアルテ完成車以上になっているため、オルトレXR3もアルテ完成車で50万オーバー。

で、2022年モデルだと、カーボンフレームのスプリントの105完成車が20万6800円なので、ニローネ105完成車とかなり接近しているんですね。
ニローネはエンデュランス、スプリントはレーシングという違いはあるにしろ、ニローネ105よりもスプリント105のほうがお買い得感が際立つ。

ニローネのソラ完成車もソラ完成車で14万円台となるとなかなか厳しい時代です。
ニローネディスクのほうは、どうみても昨年までのグラベルロードと同じフレームになっているので、ロードというよりもグラベル性に振った一台と見ることが出来ますし。

ビアンキのエントリーグレードのアルミフレーム、ニローネが2022年モデルでディスク化しました。 リムブレーキ版も存続していますが、昨年まで...

うーん、アルミフレームってむしろ高くつく時代なんですかね??