2022モデルのビアンキは、なぜかSPRINTをプッシュしている。

2022年モデルのビアンキですが、ミドルグレードのオルトレXR3はアルテ完成車とアルテDi2完成車のみなので、50万オーバー。

2022年モデルのビアンキが発表されていますが、人気が高いミドルグレードのオルトレXR3。 何とビックリ! 105完成車がありませぬ・・...

エントリーグレードのアルミフレーム、VIA NIRONEは105完成車で19万円台と大幅に値上げ。

ビアンキの定番アルミロードというとニローネですが、2022モデルでも当然ですが継続です。 ただまあ、2021年モデルと比較して値上げが結構...

まあまあ不思議なことに、ビアンキのサイトを見るとスペシャリッシマの次に掲載されているのがSPRINTなんですね。
オルトレXR4よりもなぜか上位に掲載されているという謎。

2022 BIANCHI SPRINT

スプリントは2021年モデルと同様に、105完成車(リム・ディスク)のみ。
値段も2021年モデルと同じです。

まずはディスクモデルから。

https://www.japan.bianchi.com/bike-detail?id=8

オルトレはやたらとロゴがデカくなりましたが、スプリントは従来くらいのロゴの大きさ。

2022 SPRINT105DISC2021 SPRINT105DISC
STI105
クランクシマノ FC-RS510 50-34T
FD,RD105
スプロケ105 11-32T105 11-28T
ブレーキ105油圧ディスク
ホイールVELOMANN VR30 ALLOY19cVision Team 30 DB
タイヤVITTORIA RUBINO IV 28c
ハンドルVELOMANN ALLOY 6061JD JD-RA38A/35A
ステムVELOMANN ALLOY 6061JD JD-ST182A
サドルVELOMANN 1285 URNSelle Royal SR2302HRN
シートポストVELOMANN ALLOY SHAFT AL6061JD-SP2.1
値段(税込)250,800

なぜか公式サイトでは、クランクが何なのか?歯数構成すら発表されていません。
あと2022年モデルのビアンキですが、やたらとVELOMANNというメーカーのパーツが採用されています。

ホイールについても、VISIONからVELOMANNに変更されていますが、正直謎です。

次にリムブレーキ版スプリント。

https://www.japan.bianchi.com/bike-detail?id=7

2022 SPRINT1052021 SPRINT105
STI105
クランクシマノ FC-RS510 50-34T
FD,RD105
スプロケ105 11-32T105 11-28T
ブレーキシマノ BR-R561
ホイールシマノ WH-RS100
タイヤVITTORIA ZAFFIRO PRO V 25
ハンドルVELOMANN ALLOY 6061JD JD-RA38A/35A
ステムVELOMANN ALLOY 6061JD JD-ST182A
サドルVELOMANN 1285 URNSelle Royal SR2302HRN
シートポストVELOMANN ALLOY SHAFT AL6061JD-SP2.1
値段(税込)206,800

こちらもVELOMANNがふんだんに使われているのが特徴ですが、ホイールは変更が無くシマノのRS100。
エントリーグレードのホイールで、F827g,R1105g、合計が1932gというヘビー級のホイールです。

ニローネ105との価格差が・・・

先日も書いたように、カーボンフレームのSPRINT105が206,800円、アルミフレームのニローネ105が190,300円なので、価格差が少ないんですね。
レーシングモデルのスプリントとエンデュランスモデルのニローネを比較することに大きな意味があるとも思えませんが、メーカーサイトでやたら上位に掲載されている点から見ても、ビアンキは明らかにスプリントをプッシュ中です。

エアロフレームのアリアにしても、リムブレーキ版があったころは20万円台後半で105完成車がありましたが、2022モデルでは105ディスクとアルテディスクのみ。
値段は30万を超えます。

ビアンキ、どう考えてもスプリントを押してますよね。
お買い得モデルと言っていいのかと。

スプリントって、グレード的には消滅直前のセンプレに近い存在なのかなと思うのですが、センプレもプロレースに使われた時代と、消滅間際ではカーボンのグレード(?)が変わっているみたいな話もありました。

以前にもビアンキのカーボンフレーム、センプレプロの2018年モデルを紹介しました。 このバイクですが、過去にはプロチームが...

確か18年モデルだったと思いますが、突如センプレのソラ完成車が大幅値引き(定価が下がるという珍事)で実質13万円台になりましたよね。

ビアンキが【カーボンバイク購入応援キャンペーン】として、11月16日(木)より大人気のセンプレプロ ソラが通常よりも約4万円引きとなるそうで...

カーボンフレームでソラ完成車という時点で珍しい存在でしたが、さすがに1年限定でした。
その流れというわけでもないのかもしれませんが、ビアンキってお買い得カーボンモデルはどこかに残す傾向があって、それがスプリント105なんじゃないかと。
リムブレーキ版なら、ショップによっては20万アンダーで買えると思いますし。

昔は30万円台で買えたオルトレXR3が今は最低でも50万ですし、オルトレに105完成車が無いことを考えると、ビアンキはスプリントを押しているのかなと思いました。