【2018年モデル】MERIDA SCULTURA400。アルミフレーム&105だがSCULTURA700とは何が違う??

続々とメリダの2018年モデルが販売開始されていますが、今回はスクルトゥーラ400です。
このバイク、アルミフレーム&105組でお買い得なバイクなのですが、先日紹介したスクルトゥーラ700もアルミフレーム&105組です。

【2018年モデル】MERIDAのSCULTURA700。ハイエンドアルミフレーム&105搭載で万能なモデル。

400と700では何が違うのか、どっちがお買い得なのかなど皆様が知りたい情報を解説します。



2018 MERIDA SCULTURA400のスペック


メリダ 2018年モデル SCULTURA 400 / スクルトゥーラ 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】

このバイクの特徴ですが、メリダが誇る上質なアルミフレームを105で組んだものです。
まだ詳細なスペックは判明していませんが、わかっている範囲で書きます。

<2017年8月29日追記>

メリダのサイトが更新されパーツスペックがわかりましたので追記します。

フレームScultura lite-single BSA

(フルアルミ)

フォークRoad carbon Race

(フルカーボン)

クランクシマノFC-RS510 50-34T
BBJIS
Fディレーラー105(直付)
Rディレーラー105(ショートケージ)
ブレーキシマノ R561
STI105
ホイールMerida comp SL 24 pair
タイヤマキシス Dolemites 25c
スプロケット105 11-28
チェーンKMC X11-1
重量8.9キロ
定価(税抜)139,900円

このようになっています。
カラーリングは上のシルクブラックと、下の画像のブルーの2種類。

スクルトゥーラ700とはカラーリングがだいぶ違うようです。

まずは2017年モデルのスクルトゥーラ400と比較してみましょう。

2017年モデルとの比較

20172018
フレームScultura lite-single BSA

(フルアルミ)

Scultura lite-single BSA

(フルアルミ)

フォークRoad carbon comp

(フルカーボン)

Road carbon Race

(フルカーボン)

クランクシマノFC-RS500

50-34

シマノFC-RS510

50-34T

BB JISJIS
Fディレーラー105(直付)105(直付)
Rディレーラー105(ショートケージ)105(ショートケージ)
ブレーキシマノR561シマノR561
STI105105
ホイール Merida comp SL 24 pairMerida comp SL 24 pair
タイヤ マキシス Dolemites 25マキシス Dolemites 25
スプロケット 105 11-28105 11-28
チェーンKMC X11KMC X11
重量8.8キロ8.9キロ
定価(税抜)139,900円139,900円

まず、2018年モデルの詳細スペックがまだ出ていないので、完全な比較はできません。
※2017年8月29日追記、パーツスペックが判明しましたので更新しました。

クランクが2017年では【RS500】なのが、2018年モデルでは【RS510】と微妙に変わっています。
これはRS500がマイナーチェンジしてRS510になっただけなので、基本的には同じグレードです。

RS510についての詳細はこちらで書いていますが、要はデュラエースR9100やアルテグラR8000のクランクと規格を合わせてきただけのものです。

シマノの新しいクランク、FC-RS510。105グレード?FC-RS500との違いは??

RS500でもRS510でも、これらはコンポのグレードと関係ない【ノングレード品】です。
性能的にはティアグラと105の中間あたりのようなものになります。

私が乗っているLOOK765も、完成車スペックではクランクはFC-RS500でした。
私はフロント変速の向上させるために、クランクだけアルテグラにしています。

RS500、105、アルテグラのクランクの違い。剛性はどれだけ違うのか?【質問いただきました】

あと、フォークが変わったようです。
2017年モデルではROAD CARBON COMPだったのが、2018年ではROAD CARBON RACEになっています。

この二つですが、どちらもフルカーボンフォークです。コラムまでカーボン。
これは過去に、代理店であるMIYATAに確認しているので間違いありません

先日の記事について。メリダのスクルトゥーラ100と700のフレームの違い。

COMPのほうが上位モデルのようで、スクルトゥーラ700ではCOMPを採用しています。
RACEのほうは、スクルトゥーラ100など下位モデルでの採用。

過去にMIYATAにこの二つの違いを聞いたことがあるのですが、MIYATAはメーカーではなく代理店なので、詳しくは知らないそうです。
カーボンの積層や重量で違いがあるのだと思うけど、詳しくはメリダから教えてもらっていないと・・・

2017年モデルに比べ、重量は0.1キロ増量。
パーツスペックから見る限り、フォークの重量差なのではないかと推測します。

2017年モデルとの比較はこんな感じでしょうか。

2018モデルの400と700の違い

どちらもアルミフレーム&105コンポなわけですが、400と700では何が違うのでしょうか?

その違いを見ていきます。

メリダ 2018年モデル SCULTURA 700 / スクルトゥーラ 700 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】

スクル700スクル400
フレームScultura lite

(フルアルミ)

Scultura lite-single BSA

(フルアルミ)

フォークRoad carbon comp

(フルカーボン)

Road carbon Race

(フルカーボン)

クランク105

52-36

シマノFC-RS510

50-34

BBPF86JIS
Fディレーラー105(直付)105(直付)
Rディレーラー105(ショートケージ)105(ショートケージ)
ブレーキ105シマノ R561
STI105105
ホイールFULCRUM RACING EXPERTMerida comp SL 24 pair
タイヤマキシス Dolemites 25マキシス Dolemites 25
スプロケット105 11-28105 11-28
チェーンKMC X11-1KMC X11-1
重量8.5キロ8.9キロ
定価(税抜)169,900円139,900円

まず誰でもわかるフレームカラーの違いから。
400では以下の二種類のカラーです。

700では以下の二種類のカラーです。

上位モデルの700では、バーレーンメリダのレプリカカラーがあるわけですね。
カラーリングが好みの問題が大きいので、これは見た目で選べばいいでしょう。

パーツスペックについてですが、まず400と700ではフレームの基本的な部分は同じであるものの、BB規格が400ではJIS、700ではPF86です。
そのためフレームのBB部分だけが違います。

このBB規格の違いですが、理論的にはPF86のほうが剛性が高い、つまりは踏み込んだ時のパワー損失が少ないと言えるでしょうけど、ここはぶっちゃけわかりづらい差です。
なので気にしなくていいレベルです。

フォークは上でも書いたように、400がROAD CARBON RACE、700がROAD CARBON COMPとなっています。
両者ともにフルカーボンフォークですが、COMPのほうが恐らくは軽いはずです。

パーツスペックはクランクの違いとホイールの違いがあります。
2017年モデルではブレーキも400と700では違いましたが、2018年モデルでも700のブレーキは105、400のブレーキはR561と差があります。

ホイールの違いについては、確かにスペックだけ見たら700についているフルクラム レーシング エキスパートのほうが軽いはずですが、正直ここは気にしないほうがいいです。
というのも、700についてくるフルクラムも決していいホイールではありません。
これは一般販売していない完成車用ホイールですので。

なので400と700のホイールの差を論じること自体に意味がなく、走りを向上させるならどちらを買ってもホイールは買い替えたほうがいいと思います。
もちろん、そのままのホイールでも使えますが、どっちも走りはそれほど軽くないホイールですので。

クランクの違いについては、ここは考え方次第です。
FC-RS510は105クランクよりも剛性が低いため、フロント変速時の【キレ】については105クランクのほうがよいです。

クランクがフロント変速にどのように関係するかは、こちらをご覧ください。

SHIMANO(シマノ) クランク105 FC-5800 34X50T 170mm ブラック
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 28,561

400と700では価格差は3万円ほどありますが、このようなスペックの違いがあります。

400と700ではどっちがいいか?

これはもう考え方次第なのでどっちが正解とは言い切れません。
予算も人それぞれですし。

スクルトゥーラについては、アルミフレームの中でも優秀なほうで、個人的には評価が高いフレームです。
レーシングフレームながら、乗りやすい剛性なんですよね。
ロードバイク一台目の人でも、違和感なく乗りこなしやすい万能性があります。

ロングライドでも十分使えるバイクなので、レーシングバイクだから・・・と思わないでいろんな場面で乗ってほしい一台です。

せっかくフレームがいいのに、その割にはホイールが貧弱な気がします。
もちろんデフォルトのホイールでも十分な走りができますが、走りにさらにキレを出すなら、ホイールは買い替えるのもアリ。

買い替えるなら、最低ランクはやはりゾンダでしょうか。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量1596g(ペア)
リムハイトF25mm、R30mm
対応タイヤクリンチャー
23cタイヤ×(25C以上)
スポーク数16/21
対応スピードシマノ8-11s

予算が限られているなら、400を買ってホイールをゾンダに変えるのもアリでしょう。
パーツスペックは700のほうがいいので、700もいいですよね。

スクルトゥーラはフレームがいいので、是非ともこの良さを体感してほしいです。