PVアクセスランキング にほんブログ村

クリンチャーでも起こるらしいよ。タイヤのモッコリ。

先日読者様から頂いたお話。

だいぶ前に読者様から、ホイール選びについて相談を受けたことがあったのですが、ホイールを買って乗っているとのことでインプレを頂きました。 今...

衝撃ですよw

何名かからお話を伺ったのですが、クリンチャーでも起こった経験がある方が2名ほど・・・

基本はケーシング切れ

クリンチャーでもケーシングが切れてこのようになることはあるらしいです。
気になって調べてみたのですが、確かにクリンチャーでも同じくらいコブっている画像も出てきました。

で、走行中に突如こうなった場合にどうすべきかなんですが、クリンチャーであれば応急処置はこれじゃないですかね。

あくまでも応急処置という意味で、一度タイヤを外してタイヤブートで補強しておくしかないのかなと・・・
ケーシングが切れてそこからインナーチューブが空気圧でモッコリ飛び出てマウント富士状態なわけですから、タイヤブートで応急処置するしかない。

ただしあくまでも応急処置なので、おうちに帰ったら速攻でタイヤ交換がベスト。
というよりも途中でプロショップを見つけたら、私ならタイヤを買ってその場で交換すると思います。

チューブレスだと・・・どうなんですかね。
読者様は一度空気を抜いてみたら一旦消えたようですが、白濁液に満たされたタイヤ内部をみるのも面倒でしょうし、出先で下手にタイヤを外したらビードが上がらない可能性もあるんでしょうし。

ワンチャンで針で刺す?

チューブレスの場合、ワンチャン狙いで外から針を刺して一度貫通させて、シーラントに塞いでもらうという方法もあるのかもしれませんが、塞げなかったときは悲劇しか起こらないでしょうし。

リスキーですねさすがに。

ちなみに読者様の話。

読者様
読者様
帰宅してから洗車しようとホイールを外したらフレームに思い切りゴムの跡?が残ってしまった事が最大のショックでした

ゴムはしょうがないですよね・・・
コンパウンドで磨けば多少はマシになるかもしれませんが、プロの洗車屋さんに頼めば何か方法はあるのかも。

ちなみにモッコリタイヤを防ぐ方法や、予防する方法はないです。
普段からタイヤを観察していても、内部に起こっている亀裂はわかりませんし。

タイヤは安全に大きく関わるところなのでこうなった以上は交換しかありません。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…