スポンサーリンク

【2022モデル】コラテック R.T.カーボンディスク。ちょっとだけ疑問に思うことが。

2022モデル

コラテックというとドイツのブランドなんですが、日本では車種数も少ないし店頭に置いてあることもあまりない。
なのでマイナーといったら失礼かもしれませんが、マイナーな扱いは受けていると思う。

 

個人的にはコラテックについてむしろ好印象なんですが、2022年モデルの新作R.T.カーボンを見ているといろいろと疑問が浮かぶ。

2022 コラテック R.T.カーボンディスク

22 R.T. CARBON DISC of corratec-bikes.jp
ドイツのスポーツバイクブランド「corratec(コラテック)」のカーボンロードバイク「R.T.CARBON(R.T.カーボン)」の製品ページ。

2022年モデルのコラテックのロードバイクは、R.T.カーボンディスク、DOLOMITIディスク、DOLOMITIの3つしかありません。
一番不思議なのは、本国サイトにはこのR.T.カーボンディスクってないんですね。

 

blank
Road | Corratec

 

本国サイトをみると、
・CCC EVO SLR
・CCC TEAM PRP
・CCC TEAM
・Corones EXPERT
・Dolomiti ELITE

 

このあたりがロードになりますが、どれを見ても同じようには見えない。

 

うーん、ジャパン限定モデルなんですかね?
R.T.カーボンディスクというのは。

 

正直全く分かりませんw

 

ジオメトリを見ると、リアセンター長が長めの415㎜。
エンデュランス寄りの一台なのかなと思うのですが、105ディスク完成車で32万7800円(税込)なので、結構お買い得だったりします。
ホイールはシマノの鉄下駄RS171ですが、この価格帯で鉄下駄以外が付いてくること自体がほぼないので、まあいいでしょう。

 

新型デュラとアルテの完成車もあります。

セミオーダー

コラテックのロードバイクですが、Japan Assemblyとなっているモデルは日本で組み立てなので、ステム長など選択が可能。
そういう事情もあるので店頭に並んでいないというほうが正解なのかもしれません。

 

ただまあ、本国モデルはラインアップも豊富なわけで、もうちょっと車種数を増やしたほうが面白いと思うのですが。
なんで日本モデルと海外モデルを分けているのか理由はよくわかりませんが、エントリーグレードのDOLOMITIですらカラーが違うというのもどうなんでしょう??
DOLOMITIはフレーム形状を見る限りでは同じものと思うのですが。

 




コメント

  1. blank miswaki より:

    こんにちは、古いDOROMITIのユーザーですが2022モデルは写真が正しいとすると本国と日本ではフレーム形状が若干違うようです。
    具体的にはトップチューブが日本のは以前と同じく若干弧を描いており、本国のはストレート。
    なので日本の2022モデルは新型では無いのかなって気がします。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      日本モデルとグローバルモデルが違うもの・・・という話なんですかね?

タイトルとURLをコピーしました