PVアクセスランキング にほんブログ村

シマノSPD、SPD-SL専用のフラット化パーツ【Pocket Pedals】

クラファンに、シマノのSPD,SPD-SL専用のフラットペダル化パーツが出てました。

https://greenfunding.jp/edgedmarket/projects/5226?utm_medium=GREENFUNDING&utm_source=Portal

SPD用、SPD-SL用と分かれているのではなく、両方に対応という点では面白い。

Pocket Pedals

アイスランド発らしいですが、ペダルをカポッと挟み込むような形なので脱着が簡単そうですね。
値段はこの手のものとしてはちょっとお高めなのかなという印象ではありますが・・・

私自身、ロードバイクに乗るときにビンディングを使わないという選択を考えたことも無いので、さほどメリットを感じていないのですが、クロスバイクとかで街乗り時、ロングライド時など使い分けるには悪くない選択肢かもしれません。
まあ、SPDであれば片面フラットペダルもあるので、どっちがいいのかはまた微妙な問題になりそうな気もするけど・・・

カポッと嵌めて使うという点では、踏み面が既存の片面フラット・片面ビンディングよりも広いのかな。
そういう意味では需要があるのかもしれません。

類似商品でいうと

似たような意味でのフラット化パーツというと、シマノSPD-SL・LOOK KEO用のものがあります。

こちらはシマノSPD-SL用。

クラウドファンディングに出ているものは、シマノ専用とは言えSPD-SLとSPDの両方に対応するという点では、両方とも使っている人には結構いいのかも。
アマゾンで類似商品のレビューを見ていて思ったのですが、この手のものって結構需要があるんでしょうかね。
私みたいにロードバイクはロングライド用(趣味用)、普段乗り自転車は別にあるという人にはさほど興味をそそらないものなんですが、シマノSPDでも片面フラットペダルってかなり売れているのも事実。

まあ、片面フラットペダルについては、街乗りとロングライドで使い分けることもあれば、ビンディング初心者の危険性回避で選ぶこともあるのでちょっと意味合いが違うでしょうけど。

片面フラットペダルって、そこまで踏み面が広いわけでもないし、既存のフラット化パーツってそこそこ滑るという話も聞く。
このポケットペダルについてはプラ製で滑り止めピンもしっかりしているようですし、フラット化してもしっかり使いたい人にはいい選択肢になるかもしれません。

まあ、こういうものもありますよということで・・・




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…