スポンサーリンク

【2022モデル】BIANCHI IMPULSO PROはARCADEXやOLTRE XR3よりも上位?

2022モデル

以前も取り上げた、ビアンキの2022年モデルのグラベルバイク、IMPULSO PRO。

 

【2022モデル】BIANCHI IMPULSO PRO。なんとビックリ!カーボンフレームに。
ビアンキのIMPULSOというと、2011年頃からアルミフレームのロードバイクとして登場し、その後はアルミフレームのグラベルロードになっていました。 ロードバイクのIMPULSO(アルミ)はこちら。 そして202...

 

既にカーボングラベルバイクというとアルカデックスもあったわけですが、値段設定を見てちょっと驚き。

IMPULSO PROの立ち位置

単純に値段から比較すると、IMPULSO PROってかなりいいフレームということ??

IMPULSO PRO OLTRE XR3 DISC ARCADEX
コンポ GRX600 アルテグラディスク GRX600
仕様 グラベル ロード グラベル
値段(税込) 605,000 514,800 462,000

既にあったアルカデックスのほうが上位なのかと思いきや、インプルソプロのほうがはるかに値段が上。
オルトレXR3はコンポがアルテですが、GRX600というのはロードでいうところの105相当なので、オルトレXR3よりも上位フレームという感じでしょうか???

 

これはちょっと驚き。

アルカデックスとインプルソプロの違い

アルカデックスもインプルソプロも、フレーム重量はサイズ55で1100gと同じです。

 

えーと、いったい何がどう違うのやら。
ジオメトリを見てみましょうか。

アルカXS インプル48 アルカSM インプル50 アルカMD インプル52
シート長 440 480 480 500 520 520
水平トップ 522 510 535 525 550 535
ヘッド長 120 100 135 115 150 125
ヘッド角 70.5度 70.5度 70.5度 71度 71度 71度
シート角 74.5度 75.5度 74度 74.5度 73.5度 74.5度
リアセンター 425
BB下がり 75 53 75 58 75 60
リーチ 365 378 369 383 374 385
スタック 565 510  579 529 595 542

 

アルカLG インプル54 アルカXL インプル56 インプル58
シート長 550 545 580 560 580
水平トップ 565 545 585 560 575
ヘッド長 165 135 180 145 160
ヘッド角 71度 71.5度 71度 72度 72.5度
シート角 73.5度 74度 73度 73.5度 73度
リアセンター 425
BB下がり 75 60 75 60 60
リーチ 384 386 394 391 396
スタック 609 554 623 569 583

 

サイズの比較がしづらいですが、同じくらいのリーチで比較しても、IMPULSO PROのほうがスタックが低い。
BB下がりもアルカデックスは下がり目ですが、インプルソプロはそこまで下がっていない。

インプルソプロのほうがよりレーシング?という感じでしょうか。
アルカデックスのほうがハンドル位置は高めになるけど、インプルソプロは低くなる感じ。

 

なので同じカーボングラベルと言えど、全く別物と言ってもいいのかもしれません。
インプルソプロのロゴは控え目・・・というか、ダウンチューブの上側にあるようです。

blank

blank
https://www.japan.bianchi.com/news/1287

ビアンキのHPでも【オフロードを高速に】とありますね。
アルカデックスはややツーリングより、インプルソプロはレーシーなグラベルという扱いのようですが、GRX600完成車で60万なのでなかなか強気なラインで攻めてきたなという印象。


コメント

タイトルとURLをコピーしました