はて不思議な?数字の意味すること。

グーグルディスカバリーで、チンコネンタルの新作タイヤGP5000S TRの転がり抵抗についてみたいな記事が流れてきました。
それ自体は海外のローリングバイシクルレジスタンスの内容なのでまあいいとして、ちょっと不思議に思うことがあり。

数字が意味するもの

バイシクルローリングレジスタンスの実験は、実験室で大きなドラムみたいなのを回すテスト。
超理想状態のような路面をイメージしているとも言えます。

で、グーグルディスカバリーで流れてきた記事の筆者さんって、以前何かの記事で、実験室での転がり抵抗と実走での転がり抵抗は一致しないというのを力説していたような気がして。

要は実走では、インピーダンスロスが関係するからという話のはず。

たぶん1年位前ですかね。 なんかやたらといろんなところで、タイヤのインピーダンスロスの話が続々と出始めたのは。 タイヤのイン...

思いっきり簡略化して単純な力学で考えると、要はタイヤが跳ねる瞬間にロスを生じるという話。
これについては多くの人が実感として体感していることだと思いますが、跳ねるということは上方向のベクトルにも力がかかるため、前方向への推進力としては落ちている。

超理想状態の実験室で転がり抵抗をテストすると、この跳ねる要素が無視されるので、実走とは違うよね?という話。

バイシクルローリングレジスタンスの試験はどうしてもインピーダンスロスを加味していないので、実走とは異なる可能性がある。
なので実験室のデータと実走は違うよね?という話を力説していたような気がするので、今更実験室のデータを持ち出して高いの低いの語ることにどんな意味があるのだろうかと考えてしまいまして。

データの見方

個人的には実験室のデータだけを見て語るのはちょっと危険かな、と思ってます。
もちろんそのデータ自体が全く無意味だとも思いませんし、一定の傾向を示す材料にはなる。
けど、それが全てではないのは明らか。

実験の都合上、どうしても空気圧は揃えた状態で試験することになります。
これは比較するという意味ではしょうがない。

皆さんがタイヤの空気圧をどうセッティングしているのかわかりませんが、このタイヤは同じ25cでもちょっと高めのほうがいいとか、ちょっと低めのほうがいいとか、そういうのってありません??
このあたりは感覚的な要素なので何か根拠があるのか?と聞かれると困ってしまうのですが、同じタイヤ幅でも最適空気圧が同じとは限らない。
それこそ、タイヤAでは6Barがいい感じと思っても、タイヤBでは6.2Barくらいがいい感じと感じることもある。

こういう要素って比較対照試験にはならない(感覚的要素が強すぎる)。

数字で高いの低いのと出ると、なんか凄いことなんじゃないかと思ってしまいがちなんですが、個人的にはその実験の前提がどうなっているのかのほうが重要なんじゃないかと思ってます。
超理想状態の路面で試験して出た数字が、荒れ気味の路面でも同じ傾向として出るのかもわからない。
超理想状態で出た数字は、超理想状態の路面を走るときには参考になるかもしれないけど、それ以外の場合では【わからない】。

そういうこともあって、数字ってあんまり信用していないですw
ふーん、程度に見ておくのがいいのかと。

昨年春ごろに大暴れしていた、既に滅亡されてしまったブランドの話。
スポークが引張にしか使われていないという実験データを得ることができたとの話でしたが、そこから導いた答えは

【結線は無意味です!】

えーと、結線したホイールと比較対照試験をしていないのに何を語りだすんだ?という疑問しかなかったわけです。

新興ホイールメーカーのSACRAが 結線はもはや腐敗と不正の象徴 と書いているコラムについてですが、バイシクルクラブ5月号に実験...

先日のSACRAコラムとバイクラ5月号の記事の件ですが、 バイクラ5月号の記事と、SACRAコラムを見て、それは違うだろ!と思...

これと意味合いは必ずしも同じではないですが、実験室での転がり抵抗の試験は、実験室のような超理想状態での話のみのデータ。
それ以上でもそれ以下でもない。

数字があると何となく凄いような錯覚に陥りがちですが、それが全てを意味しているわけではないという見方をしておいた方がいいと思う。

そうじゃないと、数字を過大評価したり過小評価する結果に陥るので。




コメント

  1. 高はし より:

    高はしです。
    私は高圧神話の中で育ってますので・・・(19mm巾のチューブラーに10atmとか)
    で、実際下げてみると、目的やタイヤにもよるのだけど、快適だったりしますよね〜
    ただ、どうでもいいのかもと思いつつ、「インピーダンスロス」という言葉が気になります。これってロードバイク特有の言葉なのでしょうか?google先生に聞いても、他分野での用例が引っかからなくて・・・。
    個人的には、リアクタンスとレジスタンスの複素表現がインピーダンス、って感覚なのでちょっと違和感かな。
    路面の凹凸の周波数を入力と捉えたら、タイヤ変形によるヒステリシスロスがレジスタンスに相当して、タイヤの跳ね上がりのロスがリアクタンス、両者を加味してインピーダンス、てな構図になるように思えたので。
    ま、議論の本質が変わるわけじゃないので、どうでもよいのかもですが、新しい用語にイメージが引っ張られるとヤダな・・・程度に。