逆走安全主義者の理論。

ちょっと前にも少し触れた件なのですが、

先日書いた記事にコメントを頂きました。 正直なところ、逆走自転車は普通にいますし、いったいどうなってい...

私の知人(非サイクリスト)の中にも、自転車で車道を走るときは逆走すべき(右側通行すべき)と考えるとんでもない人がいます。
ただしこれ、ネット上でもいるんですね。
詳しくはこちらを。

ちょっとネットで調べ物をしているときに、とんでもない主張をしている方を見ました。 自転車は逆走したほうが安全だ!というご意見なんですが。 ...

なぜこういう思考に陥るのかというと。

逆走安全主義者の理論

逆走安全主義者の理論は簡単です。
要は同一進行方向の場合に、後続車を信用していない。

どうせスレスレを通ろうとするか、下手すりゃ衝突されるという考えが根本にある。
そしてもしもですよ。
逆走するということは、車からすれば【向かってくる】状態になる。

人間、向かってくるものに対しては停止したり、大きく道路中央側に避けようとするもんですよ。
その心理を利用している、らしい。

一言で言うならば、とんでもない自己中心主義者と言ってもいいわけですよ。
だってみんなが左側通行することで秩序を保っているにもかかわらず、自分の安全を優先するには逆走が一番だという人たちですので・・・

ただし、この考えを語る人って、基本はママチャリしか乗らないような非サイクリストです。
間違ってもロードバイクで時速40キロで逆走とかではなくて、ママチャリで時速15キロとかでチンタラ逆走する。

ただねこれ、ロード乗りにとっては本当に恐怖なんですよ。
酷い場合、そこそこ急勾配の坂を全力で逆走して下ってきますから。

強い故意性

逆走安全主義者の方々は、故意に違反を犯しているわけです。
こういう人に逆走するなとか、法律論を語ったところで意味がない。

だって違反なことは承知で逆走しているわけですから・・・
法律論は全く意味を成しませんw
正論で左側通行の義務を語っても、それを受け入れる体制は全くないということです。

困るんですが

こういう逆走自転車が迫ってきたときも、法律上は事故回避義務があるのでややこしい。

(安全運転の義務)
第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

もちろん正しい方向に乗っている人が罪に問われることはほぼありませんが、逆走車の出現という状況に対して、危害を及ぼさないような方法と速度で運転しないといけない。

アホらしい・・・

けど実態として、逆走自転車と衝突した場合、過失割合は50:50です。

ロードバイクで走っていると、それなりに見かけるのは逆走してくるママチャリ。 逆走自転車の交わし方については、過去にもいくつか記事を書いてま...

幹線道路で10:90とか。

こういうのも警察が見れば、さすがに逆走くらいは取り締まりしそうな気もしますが、どうなんですかね。
衝突した場合、刑法の暴行罪とか傷害罪に問えるのかというと、刑法の暴行罪とか傷害罪は故意じゃないと成立しない。
あくまでも故意なのは逆走(道路交通法違反)のほうですし。
未必の故意というよりも、認識ある過失になるのかなと思うので、暴行罪とか傷害罪が成立するかも怪しい。

まあ、逆走安全主義者が大量にいるわけではないと思いますし、かなり稀な存在だとは信じたいですが、自転車への違反って警察も積極的に取り締まっているわけでもないので、完全なる確信犯なんですよ。
どうせ捕まることはないし、という甘え。

ロード乗りとしては、マジで勘弁なんですけどね。
左端に寄せて止まってやりすごしたほうがいいですよ。




コメント

  1. ぬるべぇ より:

    他にもこれと類似した人種に信号待ちで止まってたら後ろからベルを連打しまくるママチャリというのもいてますww 赤信号で停止している原付やロードバイクを執拗なベル攻撃で押しのけ、本人は当然の如く赤信号を無視していくという確信犯的逆走よりもさらに悪質性の強いクズもたまに見かけます。これなんかもはや独自の安全理論すら無さそうですが・・。
    おそらくこういう連中は常に自分が正しくて他人が間違っているとでも思ってるんでしょうね。まぁこんなヤツラに何を言っても無駄でしょうね。本当にどうしようもない公道上の害悪です。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      こういう人には法律論を語ったところで何ら意味がないんですよね・・・
      困ったもんです。