横型輪行袋にエンド金具は不要。だけどあると便利かも。

前後輪外す横型輪行袋の場合、エンド金具は不要です。

なぜなら、リアエンドが地面に接しないから。
エンド金具は前後輪外す輪行袋の縦型でのみ必須です。

けどまあ、後輪を外している関係上、どうしてもチェーンがフレームに当たります。
汚れたり傷がつくのが嫌という人は、単純にチェーンキーパーでも使えばいい。

チェーンキーパー

こういう奴ですね。

チェーンを引っ掛ける場所を作ることで、チェーンがフレームに接触するのを防ぐ。
あとあまりないですが、リアエンドを左右から圧縮する力が掛かると、あまりよろしくない。
こういうものを噛ませておけば、万が一おかしな方向に力が掛かってもフレームへのダメージは少ない。

とはいっても

皆さんが輪行するときにどうしているのかはわかりませんが、輪行を何回もしているうちに、良くも悪くも持っていくものが減ります。
例えばですが、チェーンカバーってありますよね。

確かに持っているはずなんですが、どこにあるのか思い出せない程度に使っていません。
フレームカバーについても、一枚あれば十分だったりしますし。
スプロケカバーは持っていきます。

なんていうか、ちゃんと固定すればあんまり必要が無いというか、チェーンカバーについては面倒だからという事情のほうが優先します。

最初のうちはあれもこれもと過剰に保護しますが、だんだんと面倒になるというか、簡略化してしまうのが私の悪いところかも。

輪行袋を買ってきて、閉まりきらないという声もよく聞きます。
これも簡単な話で、袋の下側のたるみをひたすら取ることが大切。
下がたるんでいるので、袋を上に持ち上げようとしても足りないだけのこと。

STIのデッパリのところとか、ハンドルの出っ張りとか、そういうところで袋の余りがあると閉まりきらない、
なので袋のたるみをひたすら取りつつ、上に持ち上げていくだけ。

まあ、横型については身長が低い人以外はメリットが薄いと思います。
後輪を外さない輪行袋については論外。