ブチルチューブの性能差。正直私にはわかりません・・・

近年メキメキとタイヤの使用者が増えているっぽいピレリ。
ピレリからブチルチューブが販売された!というニュースを見ました。

0.65㎜厚のロードチューブと、0.9㎜厚のスポーツチューブということらしい。

ぶっちゃけて言いますと

軽量ブチルではなく、スタンダードのブチルチューブの話。
今までパナレーサー、ヴィットリア、スペシャライズド、マキシス、シュワルベなどのブチルチューブを使ったと思うのですが、もしかしたらもっとあるのかな。
ぶっちゃけていうと、スタンダードのブチルチューブの性能差、使ってみて何か感じることは全くありませんw
私が鈍感だからなのか、多くの人がそうなのかについては不明です。

軽量ブチルについては、パナレーサー以外使った記憶はありませんが、劇的に違うのかと聞かれると微妙。
確かに違うよね、くらいの差はあるにせよ、夜中に誰かが違うチューブと交換してしまったとして、乗ってみて気が付く自信はありません。

もしラテックスが

普段はラテックスチューブを使っていますが、もし私が寝ている間に誰かがブチルチューブに交換してしまったとして。
乗ってみて気が付くのかというと、これも気が付かないかもしれませんw
なんか今日は調子が悪いなくらいの感想で、パンクしてチューブ交換するときにあれ??と思うだけなのかも。

ブチルチューブと言っても、バルブコアが外せるタイプとか外せないタイプとかもありますし、勝手な印象ですがやたらとタイヤの適合幅が広いチューブはなぜか相性が悪い印象があります。
これも特に根拠がある話ではないのですが、18-28c対応みたいにやたら幅広い対応のチューブを使うと、なんかパンクしやすいという勝手な経験論がありまして。
統計を取ったわけでもないし、あくまでもイメージの問題。

パンク自体が法則性があるわけでもないので、たまたまという可能性は全く否定できませんし否定する気もありません。

そういうこともあって、ブチルチューブを買うときは銘柄には全くこだわりが無いのが私です。
値段もさほど変わりませんし、予備チューブとして買うときもショップにあったものを買うだけ。

というよりも、みなさんこだわりってあるんですかね?
ブチルチューブに。