【2022】コーダーブルームのFARNA TIAGRAは、なぜかブレーキだけ105。

ジャパニーズブランドのコーダーブルームは、車種にもよりますがタイヤがGP5000になっているものがあったり、時折いいパーツが付いてくることでも有名なんですが、エンデュランスロードのFARNA TIAGRAは、なぜかブレーキだけ105になっています。
通常だと、むしろブレーキだけテクトロとかにしてケチるのが業界の慣例なんですが・・・

2022 コーダーブルーム FARNA TIAGRA


アルミフレームのエンデュランスロードで、基本コンポはティアグラ。
けどこれ、前からそうだったと思いますが、ブレーキキャリパーだけ105を採用していたりする。

フレームアルミ
フォークカーボン
STIティアグラ
クランクティアグラ 50-34T
FD,RDティアグラ
スプロケティアグラ 11-32T
ブレーキ105
ホイールシマノ RS100
タイヤContinental ULTRASPORT 700X25C
重量9.2キロ
値段(税込)121,000

業界の慣例だと、クランクとブレーキキャリパーをケチってコストダウンするのが一般的。
といっても、近年はそういう事例も減っているのかな。
昔トレックの20万程度のカーボンバイクだったと思いますが、あるトレック専門店で、わずかなアップチャージでブレーキキャリパーを105にして納車できます!みたいなキャンペーンをしてました。

ブレーキキャリパーはボントレガーだったんですけどねw
自社製品をディスっているように見えて、ちょっと面白かった。
けど実態としては、105のブレーキにしてくれた方が明らかにいいわけで、良心的なキャンペーンしているなと思って感心してました。
ショップの本音は、最初から105にしろやと思っていたのかもしれないけど。

ティアグラ完成車だけど、ブレーキだけ105になっている完成車ってほかにあるのかどうかわかりませんが、たぶんないんじゃないですかね。
ここがコーダーブルームの良心なのかもしれません。

一つの選択肢としては

レーシングバイクではなくエンデュランスがよくて、それほど予算を割けないという人には、FARNA ティアグラはまあまあいい選択肢になると思う。
12万でホイールはシマノ(と言っても最下層ですが)、ブレーキは105。
ティアグラ完成車で12万ですし。

ちなみにビアンキのエンデュランスロード、ヴィアニローネのソラ完成車が14万5200円(税込)です・・・


ソラ完成車で14万円台というのも不思議な時代ですが、他社と比較するとコーダーブルームは圧倒的に安い。
強いて言うなら、カラーリングが単色になっているオデ、もうちょっとほかのカラーも差し色に入っていると良さそうな気もしますが、予算を抑えてティアグラ完成車が欲しいと思うのであれば、選択肢としてはアリ。





コメント

  1. カモがネギしょってる より:

    105以上になるとカートリッジシューだからだと思います。あとテクトロも高いやつはちゃんと効きます。逆にシマノも安いのはウンコちゃんです。主にシューが悪いのでカートリッジシューに変えられます。なのでカートリッジシュー標準の中で下位のグレードにしたのかなと。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      これはコーダーブルームの一種の良心というか、お得感を演出する仕掛けなんだと思ってます。
      おっしゃるようにカートリッジシューで105以上とそれ未満では大きな差があるわけで、購入後にブレーキキャリパーだけをグレードアップする人もそこそこいるわけですし。
      たぶん仕入れ値ベースだとそこまで大きな差があるわけではないのでしょうから、ちょっとお得なブランドだという演出なのかと。