ビアンキの【Specialissima Giro 105】を、ついに105完成車か!と思った私は死んでしまったほうがいいかもしれない。

ビアンキの軽量フラッグシップモデルにスペシャリッシマさんがいますが、Specialissima Giro 105という限定モデルが出るそうです。
フラッグシップモデルに105完成車登場かYO!と思ってしまった私は、どうやら死んでしまったほうがいいのかもしれません。

Specialissima Giro 105

https://www.japan.bianchi.com/news/2146

Specialissima Giro 105ですが、ジロデイタリア105回記念モデルなんだそうですw
フラッグシップモデルで105完成車が出るということは、世界中のメーカーを見渡してもそこまで多い話ではないので、タイトルだけを見て興奮し、ついにフラッグシップモデルでも手頃(?)な価格で買える時代が来てしまったのかと感動したんです。

つまり、一人で興奮して一人で感動し、涙した私は、死んでしまったほうがいいんでしょうね。

つい先日も、

読者様
読者様
根拠のない道交法に関する書き込みは、フェイクニュースを書くのと同じで犯罪です。

こんな批判をされたばっかりでしたし・・・

そろそろ人生のラストステージに突入したほうがいいのかもしれません。

さて、スペシャリッシマGIRO 105。
ネーミングとしては非常に紛らわしいです。
とはいえ、カラーリングは結構好きなんですよw
最近はあまりなかったように思いますが、ビアンキのホワイトカラーって結構いい感じ。
私も過去にビアンキのチェレステカラーに乗ってましたが、本当は欲しかったのがホワイトでして。
たまたま購入する年に、ホワイトカラーがティアグラ完成車にしかなくなってしまったため、諦めた。

あえてチェレステを使っていないカラーもカッコいい。
ちなみに105台限定なんだそうですが、105というとロードバイク界ではイチマルゴを意味するわけで、本当に紛らわしい。

ホワイトカラーをキレイに保てる人がうらやましい

私自身は本来ガサツな性格でして、ホワイトカラーだとどうしても汚れが目立ってきて自分自身に嫌気がさす、というどうでもいい問題があります。
どうも汚れが目立つというか、くすんでいく感じがあると言いますか・・・

なのでLOOKのホワイトカラーとかカッコいいけど買えない。
けどキレイに保っている人はちゃんとやっているし、お前も頑張れよということなんでしょうかね。

スペシャリッシマさんは軽量フラッグシップモデルで、フレーム重量は750gとなっています。
オルトレに比べるとオルトレ乗りのほうが多いんじゃないかと勝手に思っているのですが、2022モデルのオルトレさん、なんかロゴがデカくなってあんまり好きになれず・・・

ビアンキのグローバルサイトに、2022モデルっぽいオルトレXR4の画像が出ています。 なんかロゴがデカくなっているような気がす...

ちなみにスペシャリッシマの限定モデル、販売は来年4月からとなっているようです。
詳細は発表されていませんが、おいくら万円なんでしょうかね。