ホイール界は勢力図がそこまで変わらない?

最近、機材関係よりも法律関係の記事が増えていますが、一応理由がありまして。
身体をとんでもなく痛めている関係で、そもそもですが3週間くらい前まではまともに歩けないレベルでしたw
歩けない人が自転車に乗れるはずもないですし。
今年中には復帰できそうな予感は出てきたので、まあいいか。

そんなわけでホイールアンケートも低空飛行中w

昨年もアンケートをしていますが、2022年度版ということで。 2022年、欲しい・注目しているホイールブランドのアンケートとなります。 ...

ホイール界は勢力図がそこまで変わらない?

フレームアンケートではアンカーがいきなり1位まで躍り出てビックリしましたが、やっぱRP9の影響力はすさまじい。
ホイール界はというと、なんだかんだカンパニョーロがいつも1位を独占しているような。

2022年、欲しい・注目しているホイールブランドどれですか?【4票まで可、選択肢の追加OK】
  • Add your answer

ただし。
シマノが新型デュラエースを発表して以降、デュラホイールに期待している人もそれなりにいるということでしょうかね。
あとは、LUN。
正直なところLUNって全く知らなかったのです(汗)。
ウィンスペースのホイール部門なんですね。
まあ、ウィンスペース自体をよくわかっていなかったのですが。


カーボンスポークで値段も手頃で、確かに人気が出そうなスペック。
今後も人気が伸びそうな予感だし良さそうだなと思いますが、まずは私自身が自転車に乗れるようにならないと()。
ほんとね、人間の身体って恐ろしいですよマジで。
一番酷いときは体中が痙攣してましたから・・・

けどホイール部門って、上位陣はまず変動しない。
カンパ、マヴィック、フルクラム、シマノ、最近だとDTとか。
ある種王道ですが、そこそこ票を集めているのにプライムさんがあります。
プライムさん、某所でしか事実上買えませんが、結構使っている人って多いんですかね。

ついでにマヴィックストーンの話

リムブレーキ&アルミリムのメンテナンスで、昔からマヴィックストーンなどで磨く方法があるわけですが、これについて。

まず、どのアルミリムでも問題なく使えますが、使ってはいけないのはマヴィックのエグザリット加工されているものと、カンパニョーロとフルクラムのプラズマ電酸化処理されたリムです。
それ以外の、普通にシルバーのブレーキゾーンになっているリムについてはマヴィックストーンで磨いても構いません。
間違ってもカーボンリムをがりがり擦る人はいないとは思うので、そこは心配していませんw

次に頻度の話。
ちょっと前に、走行距離500キロでマヴィックストーンで磨いたという話を頂いていたのですが、500キロくらいであればしない方がいいと思います。
これ、基本はヤスリで削っているのと同じような効果なので、理屈の上ではやり過ぎてもよろしくない。

削れていくのは主にストーンの方なので、そこまで神経質になるほどでもないとは思いますが、年に1、2回やる程度とかで十分だと思います。
マヴィックストーンで磨くことで、リムがキレイになるので一時的に制動力は上がります。
といっても一時的なものなので、2,3回ライドすればまた汚れていくというだけの話。

なので何のためにやるのか?と聞かれると・・・ブレーキゾーンが汚いと何となく嫌というか、見た目的な意味合いがまず一つ。
あとはあんまりないですが、リム自体をそこまでしっかり見る機会も無いと思うので、異変に気が付きやすいとか、おかしな位置にブレーキシューが擦っていた跡を見つけるとか・・・

普段はウェットティッシュとかで拭く程度で何ら問題ありません。
というよりも、必須のメンテナンスなのか?と聞かれると、別にしなくてもいいメンテナンス・・・というとアレなんですが。
ホイールを売るときに、綺麗な方が高値が付きやすいとかそういう事情はあるにせよ、頻繁にやり過ぎるとリムが摩耗するだけとも言えるので、ここぞというときにだけやるほうがいいんじゃないかと思います。

ついでに・・・

ここ最近、香ばしいコメントやメールがそこそこ来るので対応に困ってます。
代表事例はこちら。

えーと、この記事にコメントを頂いたのですが・・・ ハッキリ言う! 病院に行くためにバスに乗っているときに...

後者の方は、懲りずに何度もコメントしてくるのですが、この人はいったい何者なんでしょうw
ここまで会話が成立しない人に出会ったことが無いので・・・

実はほかにも香ばしいメールが来てまして、【〇△×は道路交通法違反だから共に闘いましょう!】という謎の主張まで・・・
これも記事にしてあげたほうがいいのかなと思うのですが、こういうのを見ていると類は友を呼ぶという格言はその通りなんだろうなと・・・