PVアクセスランキング にほんブログ村

ビアンキの安心プログラム。まあ、安心ではあるかな。

ちょっと前にビアンキの安心プログラムというのが発表されました。
カーボンフレームが破損したときに、次のビアンキバイクに対する値引きが発動するというもの。

ビアンキの安心プログラム

ビアンキのHPによると、このようになっています。

・不慮の事故・破損等で乗車不可になったフルカーボンバイクであること。
・ビアンキ正規販売店で購入したバイクで、購入日から5年以内のもの。
※購入証明(レシートなど)及び保証書が必要となります。
・ファーストオーナー様であること。
・乗車不可となったファーストバイクのみが対象となります。
・乗車ができなくなったバイクの回収にご同意頂ける方。
※回収したバイクは、いかなる場合も返却は致しません。
・ネクストバイクは、ファーストバイクと同額以上となります。

https://www.japan.bianchi.com/news/1412

そのほか、故意による破損や経年劣化などは対象外ともある。
こういうシステムがあることはユーザーにとってもメリットなんですが、読者様ともちょっとメールしていて思ったのは、結局のところよくわからん、というのが本音。

というのも、バイクが回収されるとあるのですが、フレームセットで買えばフレームセットが対象でしょうし、完成車で買ったら完成車が対象。
例えば、完成車についていたのがフルクラムレーシング800DBだったとします。
ユーザーがその後、ボーラWTO45DBにホイールを変えて、レーシング800DBは売却したとする。

この状態で事故に遭って破損した場合、ホイールを変えている点はどうなるのでしょう??
これはハンドルを変えていてもステムを変えていても、交換した前のパーツに変わるものとして回収される・・・というわけではさすがに無いでしょうし。

なので適用条件がよくわからないけど、こういうシステムはあったほうがいいよねという話以上には発展しない。

トレックはフレームの生涯保証を謳っていますが、これは簡単にいえばリコール相当の不具合が見つかったときには何年経っていようと交換しますよというもの。
それと同時に、トレックってビアンキの安心プログラムのように、事故による破損があったときには割引で購入できるシステムがあるはず。

いわゆる生涯保証については、正直なところ勘違いしている人も結構いる。
単独落車しても、生涯保証があるから安心だよね・・・などと真顔で言われると、おいおい大丈夫かよと思ってしまう。

どこのメーカーも生涯保証では、事故や落車による損傷は適用外。
いわゆるリコール相当の不具合とか、初期不良以外は対象ではないですから・・・

ロードバイクのメーカーの中には、【フレーム生涯保証】を謳っているところがあります。 私が知る限り、ジャイアントやトレックですね。 ...

盗難保険&破損保険

ロードバイクが盗難されたときや、破損したときに備える保険は民間からも出ています。
有名どころだと、AUですかね。

https://www.au-sonpo.co.jp/pc/lp_spocle/

盗難されたときには全額、事故などで破損して全損の時は全額などプランを選べるようですが、購入価格50万で年間保険料が16500円と出てきました(2021年11月現在)。

これも高いとみるか安いとみるかは人それぞれ価値観は違うでしょうけど、盗難されたなら得するでしょうし、落車して全損すれば得するとも言える。
ただし、事故に遭った場合には相手方の保険から補填されるので、払っている保険分が全て適用というわけでもないですが。

逆に盗まれもしないし、壊れもしなかった場合には年間16500円を払っているだけになる。
まあ、保険というのはそういうもんですがw
1日当たり約45円と考えれば、安いもんだなとも取れますし、保険会社さんもこういう書き方は好きですよねw

個人的にはあまりこの手の保険に魅力を感じませんが、いろいろ不安な人にはいいのかもしれません。
まあ、ロードバイクを盗難された人の話を見ていると、そりゃ盗まれるだろと思うようなところに置き去りにしていることもあるのですが、絶対に盗まれない方法もないし、絶対に事故に遭わない方法もありませんので・・・