PVアクセスランキング にほんブログ村

ARAYAがカーボンホイールを出していたことを知らなかった。

先日読者様からホイールについて質問を受けたのですが、アラヤのカーボンホイール。
そもそも、アラヤがカーボンホイールを出していることを知りませんでした。

ARAYA チューブレス


ホイール名は【TUBELESS】でいいのかな?
名前の通りチューブレス対応のカーボンホイールなんですが、一つ気になったのはこの時代においてあえてなのかナローリム(C15)ということ。
リム内幅15.4㎜、外幅23㎜という最近ではあまり見ないリムです。

その恩恵もあって、結構軽い。

重量 F630g ,R770g,ペア1400g
リムハイト 38㎜
リム外幅 23㎜
リム内幅 15.4㎜
スポーク数 F20,R24(2:1)
値段(税込) 198,000円

今の時代にナローリムのカーボンホイールとなるとあまりないと思いますが、軽量性重視なのでナローリム採用。
なのでタイヤは23cか25cあたりが推奨ですかね。

ちょっと気になるとしたら、フロントのスポークパターンがラジアルではなくクロス組です。
これもあえてのこだわりのようですが、アラヤの説明によるとラジアル組よりも振動が軽減されると。
剛性的にもこっちの方が有利なんですかね。

スポークはサピムCX-RAYを採用してます。

ナローリム派

ワイドリムはワイドリムでいいところはありますが、走った感じの軽快さはナローリムでリム重量が軽いほうがいいのかなと。
どちらかというとヒルクライム向きの一本になると思いますが、アラヤってリムのイメージはあったけどカーボン完組を出していることは全く知りませんでした。
というよりも、あまり話題になっていないような気もする。

値段的にも手頃だし、こういうホイールを求めている層もそこそこいるのかなと思うのですが、今はワイドリム全盛ですよね。

太けりゃいいみたいな謎ムードですが、昔はロードバイクで28cなんて考えもしなかったことがまあまあ普通になってきている。

不思議な時代です。






スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…