PVアクセスランキング にほんブログ村

OGKから新型エアロヘルメット、AERO-R2登場。

自転車ヘルメット最大手のOGKカブトさんから、新型エアロヘルメットのAERO-R2が登場するようです。

今まではエアロR1というエアロヘルメットもありましたが、より空力など向上している模様。

OGK AERO-R2

https://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/aero-r2/aero-r2.html

CDF解析と風洞実験を重ねて前方向だけでなく横風や後方確認時の空力も計算しているそうです。
特許取得の「エアトンネル構造(PAT.P)」により、抵抗を抑制しているのも特徴。

お値段は税込み23,100円ですが、2022年春販売開始予定となってます。
重量については表記がありませんので不明です。

この手のエアロヘルメットですが、空力向上目的以外でも買う人がそこそこいることに注目。
視力が悪い人のアイウェア選びでは苦労している方もいらっしゃるようですが、エアロヘルメットのシールドと、一般的なメガネを組み合わせて使う人もいます。

先日、視力が悪い人のアイウェアのアンケートを実施させていただきました。 正直なところ、そもそも該当者が少ないア...

視力が悪い人のアイウェア選びは、皆さんいろいろ試して自分に合った最適解を探しているようですが、眼鏡+エアロヘルメットのシールドが最適解だという人もそこそこいらっしゃるよう。
逆にこれだとダメだったという人もいるので、悩ましいですよね・・・

あと、どこまで効果があるかは不明ですが、花粉症の季節に目に来る人。
可能性としては、アイウェア+エアロヘルメットのシールドで直接花粉が目に入る確率を下げる可能性もありますが、ここについても効果があるような気がするという方もいるし、あんまり変わらないという方もいる。
まあ、いわゆるゴーグルで目をガードしている方もいらっしゃいます。

blank
春先のこの時期、花粉症で目が痒いというサイクリストもいると思います。 私は幸いなのか災いなのか知りませんが、重度の花粉症もちですが目には来...

怪しいことは確実ですが、痒いよりはマシということでしょうか。

なのでエアロヘルメットだからといって、購入する人が空力向上を求めているとは限らないということです。

時代はエアロ

一昔前でいうと、ロードバイク界のトレンドは軽量化で、その後は剛性至上主義みたいなのも流行って、今の時代はエアロといっていいのかと。
時代はエロを求めている。
これについては今の時代のトレンドです。

OGKさんのエアロヘルメットというと、AERO-R1もありますし、値段的にも買いやすいVITTというものもあります。

VITTについては、どちらかというとエアロヘルメットというほどのフォルムでもなく、シールド付きというところがポイントになっているとも言えます。
空力についてはさほど重視していないし、エアロヘルメットのフォルムはちょっと・・・だけどシールドがあれば使いたいという人であればVITTのほうがオススメかもしれません。
VITTについても、2022年春に新色登場とアナウンスされています。

春に心機一転ヘルメットを替えたいという方も是非。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…