PVアクセスランキング にほんブログ村

クイックリリースにリアライト。

先日ネットニュースで見たのですが、こんなのが販売される模様。

クイックのレバー側と逆につけるリアライトのようですね。

クイックにリアライト

正直なところ、リアライトについては多数あって損はないので、こういうのを活用するのも一つだと思う。
私が夜間走行するときは、リアライトは3つ付いてます。

シートポスト、サドルバッグ、右バーエンドの3点攻め。
あえての右側というのがポイントだと思ってまして、車の至近距離追越しガー!というものへの対策です。

これ、結構効果があると実感してますが、サッパリ流行りそうな気配はありません。
これ自体は既に販売していませんので、このようなミラーと組み合わせるのがいいかなと思いますが。
このミラー、かなりいいよ!という声頂いてます。

先日ちょっと紹介したミラー&ライトの件。 購入した方がいる様子。 ベロカレージ イルミラー ...

さてさて、クイックリリースのところにつけるリアライト。
これも右側だけにつけて、後続車に「自転車の右側」を意識させることで「至近距離の追越しガー!」という危険プレイへの対策にはなり得ます。
私が使っているバーエンドライト&ミラーについても、夜間はかなり距離取ってくれている感があるので、クイックにつけるのでもそこそこ効果はあると思う。

「自転車の右側の出っ張り」に設置して点滅させることで、後続車はより側方間隔を取ってくれることを期待していいんじゃないかと。

えーと、これでしたっけ?

あれ?
似ているけど違うブランドの商品みたいですね。
間違えた。
こっちか。

似ていると紛らわしいですが、後者はブレーキセンサー付きの様子。

ブレーキセンサーですが

ブレーキセンサー、モーションセンサーについてですが、正直なところ要らないと思う。
というのも、モーションセンサーが反応しまくりでバッテリーの持ち時間が読みづらい。

しかも、どの程度正確に作動しているかも検証できない(←見えない)ので、そもそも後続車がどの程度「意味」を理解しているかは疑問。

夜間もそうですが、ロードバイクにとって怖いのはトンネル内事故。

すみません、このアンケートで一番大事なところをすっかり忘れてました。 どなたかが選択肢を追加して頂いたようですが、トンネルです...

トンネル内で後続車に衝突される事故って、後続車が側方間隔を見誤ってというケースもあるんでしょうけど、それ以前に自転車の存在を見逃しているということも多いんだと思われます。
特にトンネルの出口に近いあたりが鬼門だと思ってまして、出口の明るさでいろいろ吹っ飛びやすい。

なので複数のリアライトでしっかりアピールすることが最大のトンネル対策。
まあ、トンネルのあるコースを避けることや、歩道があるときは歩道を使うほうが最大の対策ですが。

リアライトについても、点滅でも違反とまでは言えないわけなので、複数&点滅モードを活用した方がいいと思う。

これ書くとだいたいは異論反論が来るのですが、ロードバイクにつけるリアライト、点滅は違反なのかどうかについて。 ご存じのことと思いますが、自...

似ているけど微妙に違う製品もあるので、スペックを確認してから買いましょう。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…