PVアクセスランキング にほんブログ村

Co2カートリッジ1本で、空気圧はどこまで上がるのか?

先日、せっかく新しくCo2インフレーターを買ってみたので、1本のカートリッジでどこまで空気圧が上がるのか確認しました。

今まで、Co2インフレーターはプッシュ式のものを使ってました。 体調も回復してきて、あと1ヶ月もあればロードバイクに乗れそうな...

Co2カートリッジ

16gのカートリッジ1本で、23cタイヤは8Barまで上がるという話は聞いたことがあります。
実際どうだったのかというと、こちら。

多少ミスってエア漏れした分を勘案すれば、8Barちょうどくらいですかね。
計測値は7.8Barくらいか。

ついでに、1日でどの程度抜けるのか?

Co2を使って空気を入れた場合、Co2はエア抜けが早いので帰宅後などに一旦空気を全部抜いて、再度フロアポンプで入れなおしたほうがよかったりします。
これも実際のところどの程度抜けるのかという話なんですが、Co2+ラテックスチューブという抜けやすい者同士の組み合わせで約24時間後がこちら。

まず、タイヤを軽く押しても既にペコペコですw
乗れるとかそういう次元を超越し、空気圧はゼロ。

スローパンクでもしているのかと思ってフロアポンプで入れてみましたが、そういうわけではありませんでした。

もちろん、その日のうちであれば全然Co2で帰宅できる程度ではありますが、道中にショップがあればフロアポンプをお借りして入れなおしたほうがいいかもしれません。
あっ、タダ借りは好きではないので、その際にCo2のカートリッジとか追加購入すればいいと思いますし。

パンクしたときにCo2を使うことを毛嫌いする人もなぜかいるのですが、携帯ポンプで路上でシコシコするのは時間の無駄だと思っているので、個人的にはCo2派。
といっても携帯ポンプは携帯ポンプで持っておくんですけどね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…