PVアクセスランキング にほんブログ村

赤信号と停止線の話。

世の中、トンデモ解釈をしだす人っているんだなあと思うのですが。
赤信号は全国共通で「止まれ」。
赤信号になってから停止線を越えても違反ではない!などと言い出す人もいるらしい。

赤信号と停止線の関係

信号を守る義務は道路交通法7条、施行令2条により定められています。

車道の赤信号の規定はこうなります(施行令2条)。

信号の種類信号の意味
青色の灯火三 多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、直進(右折しようとして右折する地点まで直進し、その地点において右折することを含む。青色の灯火の矢印の項を除き、以下この条において同じ。)をし、又は左折することができること。
黄色の灯火二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。
赤色の灯火二 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。

二 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。

停止線を越えて「進行」してはならないだから、停止線を越えたけど停止した場合には「進行」に当てはまらず違反ではない!という謎理論があるらしい。

えーと、トンデモ解釈って怖いですね笑。

赤灯火で規制されているのは、「停止線を越えて進行」。
停止線を越えてから停止した場合、停止線から実際に停止した位置までは「進行」していたわけで、当然違反です。

人間の解釈って、凄まじいですよね笑。

ただし。
黄色灯火の場合、このように除外規定がついてます。

停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く

停止線を越えたときには黄色灯火で、停止線を越えた状態で停止した場合。
見た目では停止線を越えて停止してますが、停止線を越えた段階では黄色灯火なので、違反にはなりません。

もちろんですが、横断歩道上に停止したりするのはダメですが。

よくネット上に、停止線を越えた状態で信号待ちしている画像を晒して、「停止線越えの違反(赤信号無視)」だと騒ぐ人がいます。
静止画像をみても違反かどうかなんてわからなくて、

1、停止線を越えたときの信号の灯火がどうだったのか?2、二段階右折待ちの自転車ではないのか?

これらを判断できない静止画像を見てウダウダ言う人は、そもそも詳しくない人と思えばよい。
つまり、違反として成立するには、赤信号で停止線を越えたことを立証しないとダメなのです。
停止線を越えて停止している画像をみても、いつ停止線を越えたのかはわかりません。

とはいえ

自転車に関してはあまり厳しく取り締まりしていませんし、赤信号で停止しているのであれば文句言われることはまずないかと。

以前書いたのですが、こういうときに横断歩道を使ってワープしてもいいのか?という話。

まず、自転車が赤信号で停止線を越えて進行するのは違反。

ただし、自転車は降りて押して歩く場合には、歩行者です。

車道の赤信号ですが、歩行者に対する規制はこうなります。

一 歩行者は、道路を横断してはならないこと。

横断すること以外は違反ではないので、歩行者として停止線を越えても何ら問題ない。
なのでこのように動くことは何ら問題ありません。

横断歩道上については、横断歩行者がいなければ乗ったままでも構いません。
これ、厳密に解釈すると、横断歩行者がいるならば自転車は本来、降りて押して歩行者扱いにならないと渡れないのですが、実務上は、実際に歩行者の妨害をしない限り取り締まりしていない様子。
法律上は、「妨害するおそれ」だけで違反ですが、実務上はだいぶユルユルに運用されてます。

(横断等の禁止)
第二十五条の二 車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない

「進行」という言葉から謎の解釈に陥り、

読者様
読者様
「進行」だから、停止線を越えても交差点に入らない限り違反にはならない。
管理人
管理人
違います。
停止線を越えて進行することを規制しているので、交差点に入ったかどうかは関係ありません。
停止線から、実際に停止した位置までは「進行」してますよね。

ちなみに道路交通法を見ると、進行と通行を使い分けて記述しているのがわかると思います。
これの意味、理解していない人もいるように思いますが、ぶっちゃけ知らなくてもさほど問題はありません笑。

ある意味分かりやすいかなと思うのは、例えばこちら。

(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四 普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。
一 道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
二 当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。
三 前二号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。
2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。
(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
(追越しの方法)
第二十八条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第二十五条第二項又は第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。
3 車両は、路面電車を追い越そうとするときは、当該車両が追いついた路面電車の左側を通行しなければならない。ただし、軌道が道路の左側端に寄つて設けられているときは、この限りでない。
4 前三項の場合においては、追越しをしようとする車両(次条において「後車」という。)は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
二十二 進行妨害 車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。

まあ、このあたりで理解出来るかと思いますが、進行⊂通行ということは理解出来るかと。
進行と通行では、ある要素が違います。
まあ、字のまんまなので区別しなくてもわかりますが、一番わかりやすいとしたら28条1項と4項の関係性ですかね。

1項では、追い越しは右側から「通行」せよとなっているけど、4項では「進行」に置き換わる。

OLIGHT(オーライト) RN1500 バイクライト 高輝度 長時間持つ 1500ルーメン フロントライト IPX7防水 自転車用ヘッドライト アンチグレア機能 USB充電式 ロードバイク サイクリング