PVアクセスランキング にほんブログ村

強者と弱者の注意義務の話。

交通強者は、弱者よりも大きな注意義務を負う。
当たり前の原理です。

ただまあ、ちょっと違うだろと思うことはあります。

注意義務

例えば自転車は、車に比べて相対的に弱者。
自転車と歩行者の関係性で言えば、自転車が強者になります。

車と自転車のトラブル話は、それこそ毎日のようにインターネット上のどこかに上がってますが、確かにこの関係性においては、自転車は弱者ですわな。

強者のほうがより強い注意義務を負うことについては何ら異論はありませんが、法律を守る義務については両者ともに等しく存在している。
弱者だから、ルールを守らなくていいなんて理屈は通らない。

インターネット上のトラブルを見ていると、我先にと車を非難しだす低能さんは多いですが、自転車にも違反があるなら、それはそれで非難されるべきこと。

注意義務の大小っていろんなところに出てますが、例えば車の違反については、警察官が現認すれば切符を切る。
自転車は、よほど悪質ではない限り、注意指導止まり。

注意指導止まりだから、信号無視していいなんて理屈もないし、弱者だから逆走しても免責になるわけでもない。

なんか勘違いしたバカ、多いんだよな。
ダメなことは強者弱者関係なく、ダメ。

自転車と歩行者の関係性で言えば、自転車は強者だからより強い注意義務を負う。
歩道で爆走して歩行者を恐怖に陥れても知らん顔。

強者ねぇ・・・

弱者だからルール違反

相対的弱者だからルール違反しても許されるわけでなくて、ルールを守る義務については等しく存在するんだよね。
ルールをより詳しく知っているべきなのが強者で、弱者は難しいルールまでは求めていないというならまだわからんでもないけど。

左側を通行するとか、
信号の色の通りに進行するとか、
夜はライトをつけるとか、

法律を全て理解する必要まではなくて、「交通の方法に関する教則」に書いてあることを守れば、基本的に十分です。
何ら難しくもないルールを守らずに、弱者だから守られて当然みたいなしょうもない発想の人とか普通に存在する。

その程度だから、こうなるんでしょうな。
と最近思うわ。