PVアクセスランキング にほんブログ村

KHSの、フレーム50%半額サポートが凄すぎる。経年劣化で半額購入。

ちょっと前に、KHSのCLUB2100というクロモリフレームの話を書きましたが、

KHSというとあまりロードバイクのイメージが薄いようにも感じますが、小径車のほうがメインなんかな? ロードバイク、普通にあります。 しか...

読者様の中で、カーボンロードからこれに乗り換えたく、非常に前のめりになりいろいろ調べている方がいまして、今日は実物を見に行ったそうです。
なんか気持ちがわかるわーと思うのは、ぶっちゃけかっこいい。
男の子は欲しいと思ったら、我慢出来ませんよね!

さて読者様がいろいろ調べてくださったのですが、KHSにはちょっと変わった保証がついてきます。

50%半額サポート

フレームはカーボンだろうと金属だろうと、劣化は避けられません。
クロモリは耐久性は高いとはいえ、無劣化なわけではない。

KHSがユニークだと思うこととして、一定期間経過すると、フレームを50%の半額で購入出来るサポートがついてきます。

https://www.khsjapan.com/support/frame-change.pdf

一般的なリジットフレームは、5年経過するとサポート価格として50%で購入可能。
ただし、正規販売店経由での組み換えなので、組み換え工賃は別に必要です。

クロモリフレームが5年でダメになることはまずないでしょうけど、こうしたサポート体制があるのはちょっと嬉しい。

他社でも、カーボンフレームが割れたときに割引で買えるプログラムを用意しているところもありますが、割れたことが条件。
劣化だけではプログラムは発動しませんが、KHSがユニークなのは、一定期間を経過すればプログラムの対象になることですね。

欲しいものを買う

最近のロードバイクは、主流はカーボン。
オフセットシートステイになったフレームは多いですが、性能でいうなら正解。

見た目、さほど好きじゃないです。笑。

クロモリについては、伝統的なトライアングルになりますが、ぶっちゃけこの方が見た目は好きです。

なんにせよ、自分が欲しいものを買うのが一番ですね。
ちなみにKHSというと、ロードよりもミニベロのほうが有名ですかね。
タンデム車もあるみたいですが、タンデム車は法律上規制されている自治体もあるので、なかなか難しい。

タンデム車なんてほとんど見かけませんけど。笑。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…