PVアクセスランキング にほんブログ村

TIME ADHX。タイムがついにグラベルロードへ?

そういやタイムって、グラベルロード無いよなと今さら気がついた笑。
フランスの名門ブランドTIMEから、ADHXというグラベル・オールロードが発表されました。

TIME ADHX

www.timebicycles.com

「いつかはタイム」と呼ばれる憧れ的存在のタイムですが、そういや最近は話題に上がることもあまりないような。
ここに来て突如、ADHXというグラベルロードを投入してきました。

さてこのADHX。
この名前はAlpe d’Huez Xの略。
タイムのAlpe d’Huezというと、何年か前に投入してきた軽量クライミングバイク。

まずフレームの特徴から。
Bio- BasedDyneema®という「世界最強」の繊維を使っています。
鋼の15倍の強度があり、軽量で水に浮くほど。
このダイニーマというのは、超強力超高分子量ポリエチレン(UHMwPE)繊維のこと。

タイムいわく、「従来のカーボンプリプレグ構造よりも優れたTIME独自の製品」だそうな。
ダイニーマをカーボンと結合させ、タイムが得意とするRTM工法にてフレームを製造。

フレーム重量は、サイズSMで1025g(未塗装)となっています。

タイヤクリアランスは38-40Cまで、BB規格はBB386、シートポストはø27.2mmと汎用サイズになっています。

ついにタイムも

www.timebicycles.com

ついにタイムもグラベルロードの分野に参入。
一番気になるポイントは、Dyneema®を使ったフレームでしょうか。

世界で最も強い繊維と謳うくらいですが、タイムって昔からフレームの成形の美しさに定評がありますし、グラベルロードならではの強度と軽量性がウリのようです。

見たところの印象ですが、他社のグラベルロードよりもチェーンステイ長もちょっと短め(420mm)だったりするので、最近のエンデュランスバイクに近めな方向性なのかなとも思うけど、タイム初のグラベルロードということで、人気が出そうな予感。

日本でのお値段はまだわかりませんが、本国サイトを見る限りでは50万弱か?

タイムって一時期、ロゴを斬新に変更していましたが、なんだかんだ今のロゴがカッコいいですよね。
最近、ロゴをやたらと小さくして控えめにみたり、逆にデカロゴにして強調してみたりする風潮はありますが、正直なところ誰に得があって変えてしまうのだろうかと考えてしまいます。

何事も「ちょうどいい大きさ」ってあると思うけど、タイムはやっぱりカッコいい。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…

コメント

  1. blank カモがネギしょってる より:

    >鋼の15倍の強度があり、軽量で水に浮くほど。
    この表現って微妙ですよね。同体積で15倍の強度であれば、非常に軽量コンパクトですが、比強度なので軽い=その分太くなって場所を取るとも言えるわけです。一見両方メリットに思えるけど、そんなことはないという。

    ちなみに、ダイニーマって聞くと釣糸を連想しますね。釣糸の場合は水に浮くか沈むかで違う釣りに使えるので、選択肢が広がるメリットがあります。日本だと東洋紡が製造していてイザナスと呼ばれています。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      同じ重量なら15倍の強度ですから、おっしゃる通りです。
      正直なところ、どれだけメリットがあるのかはよくわかりません。