PVアクセスランキング にほんブログ村

ロードバイク用フロントライト、視認性と被視認性の話。

ちょっと前にこれを取り上げましたが、

クラウドファンディングに、自転車ライト用の防眩シェード「オルカノ」というものが出てました。 様々なライトに取り付け可能、らしい...

ちょっとだけ。

ロードバイク、フロントライトの目的

blank

ロードバイクのフロントライトは何のためにあるかと言えば、目的は2つ。

自分の視野確保(視認性)と、他人がロードバイクの存在を察知する(被視認性)。

この手の被せものをすることにより、高輝度ライトを水平に近い角度に設置したとしても、「対向車が眩しくない」と「自分が遠くまで見やすくなる」の両方を確保できます。

ただし被視認性、つまりはロードバイクの存在を察知しやすくする効果は落ちます。

なので、メインライトは被せものをして視野確保にして、補助ライトをやや下向きで点滅にして被視認性を高めるのが正解。
補助ライトはそんなに高いライトである必要はありません。

blank

対向右折車

一番の問題になるのは、対向右折車が直進ロードバイクとの距離感を掴みにくいことによる危険性なので、視野確保と被視認性の確保はそれぞれやらないと危ない。

一本のライトで両方やろうとすると、対向車からしたらクソ眩しいと思いますよ。
まあ、わざと眩しくして逆走自転車に対する威嚇も兼ねているというような人もいますが、幻惑ライトは普通に違反です(道路交通法76条4項7号)。
違反に対して違反で応えるみたいな図式は理解しがたい。

まあどんなライトを使ったとしても、自分が確保した視野の範囲内で安全に乗ることは言うまでもなく。
法定最高速度がないからといって、夜にかっ飛ばせば何が起こるかくらいは想像できるかと。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…

コメント

  1. blank カモがネギしょってる より:

    車のアイポイントが低いので、ヒサシなんか役に立たないし付けなくて良いから、ハッキリ下向きに付けていただきたいです。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ドイツでは自転車ライトの規格が厳しく制限されてますが、車も含めドライバー等が眩しくないようになっているわけで、ご指摘の件が必ず当てはまるとは思いません。