PVアクセスランキング にほんブログ村

ドロップバークロス、値上げし過ぎ感。

何年か前にジャイアントが突如出してきたエスケープRドロップ。
クロスバイクのドロップハンドル化をメーカーが完成車にした禁断の一台です。

もちろん、クロスバイクのエスケープR3とはジオメトリを変えてますが、Vブレーキのままドロップハンドルにしているのが特徴。

値上げし過ぎ感

私これについて、「ある意味では」評価してました。
ロードバイクを欲しいと思う人には勧めないけど、低予算だけどドロップハンドル車にしたい層はいるわけで。

何せ、登場した時(2020モデル)は66000円+tax。
つまり税込72600円。

ロードバイクを買うともうちょいかかるし、ツーリング車や街乗り車にするならこのスペックでも全然アリだと思うし。

けどさ、昨今の値上げラッシュの影響により、今の価格は93500円(税込)なんですよね。
2万円以上上がってしまうと、どうもお買い得感は薄くなる。

ぶっちゃけ、2020年モデルがその当時6万円代で販売されていたのも知っているので、ちょっと上がりすぎ感は否めない。

値上げはしょうがないけど。
実質的に6万円台という気軽さが一つのセールスポイントでもあると思うのね。
みんながみんな、何十万の自転車を買えるわけではないから。

けど。

ロードバイクを欲しい人には勧めないけど、ツーリング車のベースとして使っている人もいるみたいだし、弄って楽しむ自転車としては需要はあるかと思う。

そういや、クロスバイクのほうのエスケープR3。
私の中では5万円台というイメージしかありませんでしたが、昨今の値上げラッシュの影響を受け、今は71500円(税込)になってます。
10年くらい前だと、ショップによっては4万円台で販売してましたが、どうも相場感が掴みづらいというか。

ちなみにドロップバークロスという謎ジャンル、他社は全く追従しませんでしたね。
こういう気軽に買いやすい値段の自転車は、弄りがいがあるというか、元のパーツがアレなんでパーツ変えると全然違う自転車になったかのように感じる。
それも自転車の楽しみかたなんだけどね。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…