スポンサーリンク

カンパニョーロ シャマルカーボン。

blog

カンパニョーロに、シャマルカーボンって在るじゃないですか。

 

ちょっと思うことを。

シャマルカーボン

カンパニョーロの説明だと、カンパニョーロ初のエンデュランスホイールだとしています。
スペック的な話はこちら。

重量 1585g
リムハイト フロント35mm、リア40mm
リム外幅 28.1 mm
リム内幅 21mm
スポーク数 24/24(リアフリー側はJベンド)
ハブ カップ&コーン
適合タイヤ 2way
適合タイヤ幅 最大50mm
日本定価(税込) 214500円
ディスクブレーキ用

エンデュランス向きホイールという扱いですが、ロードバイク向きに25cや28cにも対応してますし、グラベルロード用に太めのタイヤにも適合しています。
リム幅C21となかなかのワイドリムです。

 

ある読者様が完成車付属のホイールからグレードアップしようと考えていて、予算的なところからレーゼロDBにほぼ決まりかけたそうな。
レーゼロはアルミホイールの最上位と考えていいかと。

 

けどお知り合いの方から「ディスクブレーキ車だしカーボンホイールにしたら?」というところで再検討したそうです。
そこで「シャマルカーボン」をどう思うか?と質問を受けたわけです。

 

シャマルカーボンがダメなどというつもりは全くないのですが、シャマルカーボンってかなりグラベルロード寄りに振ったホイールだと思ってまして。
ロードバイクでも使えるけど、レーゼロとは対極に近い存在なような。

 

まあ、読者様もスペック的なところに疑問を感じていたようでしたが。

常にカーボンが上位ではない

カーボンホイールに目が向く点は悪くないところですが、カーボンホイールが常にアルミホイールより上位というわけでもないので、ホイールをグレードアップすることに対して「何を求めているのか?」を明確にすることが大切なのかと。

 

シャマルカーボンは、速さよりも安定性を重視したホイールなのかなと。
個人的には、速さとかペダリングの軽さを求めるならレーゼロを選びます。

 

ちなみにレーゼロ(アルミ)と近い価格帯のカーボンホイールにWINDがあります。

blankblank
blankFulcrum – Wind 40 DB ロードホイールセット

 

ホイールの総重量よりもリム重量が大切なのは置いといて、カーボンリム40mmハイトで1620g。
40mmで1600gを越えていると、実際の走りは知りませんが、気分的な問題として萎えるのは私だけですかね?




コメント

タイトルとURLをコピーしました