PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニフロアポンプ、パナレーサーBMP-24AEZ。

パナレーサーから、ミニフロアポンプ(携帯用)として
BMP-24AEZというのが出たそうな。
フロアポンプ同様に、足置きがあり体重掛けて使える携帯用ポンプです。


どっちがいいのか?

ずいぶん昔に、トピークのターボモーフGというミニフロアポンプを持ってました。


ターボモーフGの「G」は、もちろんジャイアンツのGです。
アンチ巨人には向きません。

ターボモーフGは「G」と付くくらいなので、ゲージ付きです。
なのでパナレーサーの新しく登場したBMP-24AEZと似たようなもの。
パナレーサーから出たこれもゲージ付きです。

このタイプって、足置きがあり足で本体を固定して体重を掛けて空気を注入できるわけですが、フロアポンプよりもはるかに背丈は小さい。
なのでまあまあ変な体勢でポンピングすることになります。

一方、一般的に言われるハンドポンプ。

こっちに関しては腕力100%。
最近は軽い力でポンピングできるモノもありますが、結局は腕力100%です。

※トピークのローディーTT。

ミニフロアポンプと一般的に言われるハンドポンプ、どっちがいいのか?というと、個人的にはこっちをプッシュしておきます。


最近のそこそこのハンドポンプって、高圧でもまあまあ軽い力でポンピングできるし。

ただし、私の場合腕力は高いほうなわけで、女性だとミニフロアポンプのほうがやりやすいかもしれません。

とはいえ

実際のところ、ミニフロアポンプだろうとハンドポンプだろうと、路上でポンピングするにはまあまあ労力なわけで、Co2で一発解決した方が早い。
早い、安い、疲れないの三拍子揃った逸材ですよ。

blank

両方持っておくのがベストでしょうね。






スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…