【2018年モデル】アルミフレームのロードバイクの重量をまとめてみた。

2018年モデルのロードバイクはだいたい出そろった感がありますが、アルミフレームのロードバイクの重量をまとめてほしいという要望をいただきましたので、わかる範囲ではありますがまとめてみました。



基本的には、メーカー、車種、コンポ、重量、定価という形で掲載していきますが、重量については未公表のメーカーもあります。
そういう未公表のメーカーのバイクを実測している自転車屋もあったりするので、そういう情報を参考にまとめてみます。

ここで注意点ですが、メーカーが公表している重量や自転車屋などが実測している重量ですが、統一された基準はありません。
あるメーカーは最小サイズのフレームでの重量を公開し、あるメーカーは中間くらいのサイズの重量を公開していたり。

A社のトップチューブ500mmの完成車と、B社のトップチューブ550mmの完成車を比較することに正直なところ大きな意味があるとは思えませんが、あくまでも参考程度にしていただければと思います。

完成車重量

※印がついているのは実測重量です。それ以外はメーカー公表重量。

タイプ:R⇒レーシー、E⇒エンデュランス、A⇒エアロ

全車種

メーカー車種名コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価
ジャイアントTCR SLR1アルテ7.7M960

(M未塗装)

R225,000
TCR SLR21057.9MR175,000
CONTEND SL11058.7ME140,000
CONTEND SL2ティアグラ9.0ME115,000
CONTEND1ソラ9.4SE95,000
CONTEND2クラリス9.9SE80,000
メリダスクルトゥーラ7001058.550R169,900
スクルトゥーラ4001058.950R139,900
スクルトゥーラ100クラリス9.550R93,900
ライド4001058.750E159,900
ライド80クラリス9.650E85,900
リアクト4001059.250A159,900
ビアンキインプルソ1051590(フォーク込)E173,000
インプルソティアグラE147,000
ヴィアニローネティアグラE135,000
ヴィアニローネソラE120,000
ヴィアニローネクラリスE105,000
フェニーチェプロケンタウルR270,000
フェニーチェプロ1051040

(サイズ47)

R243,000
スペシャライズドアレーエリート1058.8※※1365+361

R162,000(税込)
アレースポーツソラ9.2※R108,000

(税込)

アレースプリント105R178,200

(税込)

 トレックドマーネALR3ソラ9.4456E138,000
ドマーネAL3ソラ9.7756E98,000
ドマーネAL2クラリス9.9256E78,000
エモンダALR6アルテ8.1956960(未塗装、サイズ47)R297,000
エモンダALR51058.4756R166,000
エモンダALR4ティアグラ8.8056149,000
キャノンデールCAAD12

アルテ7.656※1040+390

サイズ50

260,000
1058.156190,000
ティアグラ 150,000
CAAD OPTIMOティアグラ125,000
ソラ9.756105,000
フジルーベ1.31058.41080g(56未塗装)159,000
ルーベ1.5ティアグラ8.5145,000
FELTF751058.84 ?R148,000
F85ティアグラ9.17R128,000
F95ソラ9.31R99,800
FR301058.59R178,000
FR40ティアグラ8.69R148,000
FR60クラリス 10.55 ?R89,800
コルナゴA1-r1058.7R185,000
MONDO2.0ティアグラ9.1R150,000
ソラ9.2R130,000
ピナレロPRIMAソラ9.2

※2015モデル重量

520R149,000
NEORティアグラR209,000
コーダブルーム FARNA SL2アルテ7.4500 約1100gR210,000
1057.8500R165,000
ソラR115,000
コーラスR470,000
ポテンツァR300,000
ケンタウルR250,000
FARNA7001058.8500E150,000
ティアグラ9.2465E110,000
クラリス10.1465E85,000
コラテックDOLOMITIアルテR198,000
105R164,000
ティアグラR138,000
ソラR125,000

2018年モデルのビアンキは、全て重量が公開されていません。
キャノンデールやスペシャライズドもメーカーは重量非公開です。

注1:ビアンキのIMPULSOについて【フレーム&フォークで1590g】となっている件ですが、IMPULSOを所有していた身として、恐らくはもうちょっと重いはずです。たぶん1700程度かと。
ソースは不明ですが、海外だと1590gという表記があるそうです。

注2:スペシャライズドのアレースポーツ(ソラ)の完成車重量ですが、これは小さめのフレームサイズでの実測重量です。
フレームサイズは忘れてしまいました。

注3:トレックのエモンダALRですが、当初はメーカーサイトに1780g(サイズ56、フォーク込み)と掲載されていましたが、なぜかその後重量の記載がなくなりました。

色々調べた結果、フレーム重量は960g(未塗装、サイズ47)のようなので、訂正しました。

アルテグラ完成車

メーカー車種コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価
ジャイアントTCR SLR1アルテ7.7M960g(M未塗装)R225,000
キャノンデールCAAD12アルテ7.656※1040+390

サイズ50

R260,000
コーダブルームFARNA SL2アルテ7.4500約1100g(サイズ不明)R210,000
コラテックDOLOMITIアルテ R198,000

注:各社のサイズとホリゾンタルトップチューブ長について
・ジャイアント TCR SLR1 サイズM  ⇒ホリゾンタルトップ 555mm
・キャノンデール CAAD12 サイズ56 ⇒ホリゾンタルトップ 561mm
・コーダブルーム FARNA SL2     ⇒ホリゾンタルトップ 555mm

なのでこれらはサイズがほぼ同じと見れます。
サイズ表記は統一された基準があるわけではないので、CAAD12のサイズ56とFARNA SL2のサイズ500だと、CAAD12のほうがはるかに大きいのかなと勘違いしがちですが、これらはほぼ同じサイズです。

105完成車

メーカー車種コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価
ジャイアントTCR SLR21057.9M960(M未塗装)R175,000
CONTEND SL11058.7ME140,000
メリダスクルトゥーラ7001058.550R169,900
スクルトゥーラ4001058.950R139,900
ライド4001058.750E159,900
ビアンキインプルソ1051051590(フォーク込)E173,000
フェニーチェプロ1051040(サイズ47)R243,000
スペシャライズドアレーエリート1058.8※※1365+361R162,000

(税込)

アレースプリント105R178,200

(税込)

キャノンデールCAAD121058.156※1040+390

サイズ50

R190,000
フジルーベ1.31058.41080g(56未塗装)R159,000
トレックエモンダALR51058.4756960g(未塗装47)R166,000
フェルトF751058.84R148,000
FR301058.59R178,000
コルナゴA1-r1058.7R185,000
コーダブルームFARNA SL21057.8500約1100gR165,000
FARNA7001058.8500E150,000
コラテックDOLOMITI105R164,000

ティアグラ完成車

メーカー車種コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価
ジャイアントCONTEND SL2ティアグラ9.0ME115,000
ビアンキインプルソティアグラ 1590(フォーク込)E147,000
ヴィアニローネティアグラE135,000
トレックエモンダALR4ティアグラ8.8056960(未塗装サイズ47)R149,000
キャノンデールCAAD12ティアグラ※1040+390(サイズ50)R150,000
CAAD OPTIMOティアグラR125,000
フジルーベ1.5ティアグラ8.51080(56未塗装)R145,000
フェルトF85ティアグラ9.17R128,000
FR40ティアグラ8.69R148,000
コルナゴMONDO2.0ティアグラ9.1R150,000
ピナレロNEORティアグラR209,000
コーダブルームFARNA700ティアグラ9.2465E110,000
コラテックDOLOMITIティアグラR138,000

ソラ完成車

メーカー車種コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価(税別)
ジャイアントCONTEND1ソラ9.4SE95,000
ビアンキヴィアニローネソラE120,000
スペシャライズドアレースポーツソラ※9.2※1365+361R108,000

(税込)

トレックドマーネALR3ソラ9.4456E138,000
ドマーネAL3ソラ9.7756E98,000
キャノンデールCAAD OPTIMOソラ9.756R105,000
FELTF95ソラ9.31R99,800
コルナゴMONDO2.0ソラ9.2R130,000
ピナレロPRIMAソラ9.2

※2015モデル重量

520R149,000
コーダブルームFARNA SL2ソラ約1100gR115,000
コラテックDOLOMITIソラR125,000

クラリス完成車

メーカー車種コンポ重量サイズフレーム重量タイプ定価(税別)
ジャイアントCONTEND2クラリス9.9SE80,000
メリダスクルトゥーラ100クラリス9.550R93,900
ライド80クラリス9.650E85,900
ビアンキヴィアニローネクラリスE105,000
トレックドマーネAL2クラリス9.9256R78,000
FELTFR60クラリス10.55R89,800
コーダブルームFARNA700クラリス10.1465E85,000

この記事は追加して記載していきますが、実測重量など知っている方は教えてください。



重量をどう読むか

正直なところですが、フレームサイズによって重量は変わりますので、この数字はあくまでも目安に過ぎません。
またメーカー値が正しいとは限りません。

フレームサイズによる違い

例えばですが、ジャイアントのTCR SLRはサイズMでの重量を記載していますが、このフレームはホリゾンタルトップチューブ長が550mmです。
メリダのバイクはサイズ50での重量を記載していますが、サイズ50のホリゾンタルトップチューブ長は530mmです。

またジャイアントのTCR SLRはサイズMでの重量を書いているのに、コンテンド1,2になるとなぜかサイズSでの重量が掲載されています。
フレームサイズが小さくなれば重量も軽くなるのは当たり前ですが、軽量フレームのTCR SLRではサイズMで掲載しているのに、フレームが重いコンテンドではサイズSにして総重量の記載がなるべく軽くなるように仕向けているというのも、素人が騙されやすいポイントになります。

フレームサイズが変わるとどれくらいの重量が増えるのかは車種にもよりますので何とも言えませんが、当たり前の話としては大きいサイズのフレームは重くなり、小さいサイズのフレームは軽くなります。
一説によるとアルミフレームの場合、1サイズ変わると100g程度は変わると聞いたことがありますが、真相はわかりません。
また【1サイズ】といっても、メーカーにより6サイズ設けているメーカーと3サイズしかないメーカーでは意味合いが変わるので、何とも言えません。

また同じフレームと同じパーツで組んでも、工業製品ですので完全に同じ重量になることはあり得ません。
同じ車種、同じフレームサイズでも、総重量は結構バラつくものです。
各メーカーはこういうときに、平均値で重量を出しているのか、適当に選んだ一台の重量なのか、重量を量ったものの中から最も軽い重量を選んでいるのかなどは全くわかりません。

SACRAのリムも、50mmハイトで公称重量は490±15gとなっていますが、某所で計測した結果513gだったことが判明していましたし、メーカー値というのは必ずしも正しい数字とは限りません。
(知らぬ間にSACRA50mmリムの公称重量が495±15gに変わっていますが)

重量非公開のメーカーもある

トレックは数年前までは、重量は非公開でした。
トレック専門店に行って聞いても、【重量はサイズにより違いますからね】などと誤魔化されて教えてもらえなかったのですが、軽量フレームのエモンダが登場したあたりからは急に重量を公開し始めています。
エモンダが軽量だ軽量だと謳うには、総重量を書かないと何ら説得力がないので、急に重量を公開し始めた印象です。

ビアンキはなぜか、2018年モデルからは全車種で重量が掲載されていません。

スペシャライズドやキャノンデールは昔から重量は非公開だった気がします。

未塗装重量?

ジャイアントの軽量アルミフレーム、TCR SLRはフレーム重量が960gとアナウンスされています。
一方、軽量アルミフレームとして評判が高いキャノンデールのCAAD12はフレーム重量が1040gです。

ここで【TCR SLRのほうがCAADよりも軽い】と考えるのは間違いで、TCR SLRの960gは未塗装状態です。
CAAD12は製品の実測重量です。
なので塗装されたTCR SLRがどれくらいなのかで比較しないと本当の数字はわかりません。
塗装分の重量は100g程度と言われていますので、恐らくはこの二つのフレーム重量は、ほぼ変わらないくらいでしょう。

ですが、アルミフレームで1000gアンダーはインパクトが強いわけです。
ここで塗装後の重量をプレスリリースしても、そこまで大きなインパクトがないわけです。
なので重量の比較は、メーカーからリリースされている重量をそのまんまで比較すると、大きな間違いを起こします。

そもそも、フレーム重量に【リアディレーラーハンガーなど】を含んでいるのかどうかすら不明ですし、メーカー的には軽く見せたいわけで、鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

重量【だけ】に惑わされない

ここで何がいいたいかというと、例えばA社バイクのメーカー値が8.3キロ、B社のバイクのメーカー値が8.5キロ、両方ともに定価が17万、コンポは105だったとします。
ここで【同じ定価とコンポで、Aのほうが軽いからAにしよう】と考えるのは、浅はかだと思うわけです。
実測重量でどっちが軽いかは全くわかりません。
そもそも同じフレームサイズでの数字なのかもわかりませんし、工業製品ですから数百グラム程度の誤差は出ます。

なのでA社の公称重量8.3キロでも、実測重量が8.5キロくらいになるものもあるかもしれませんし、B社の公称重量8.5キロでも、実測重量が8.4キロくらいになるものもあり得ます。

明確な基準はないですが、私の感想としては
・フレーム&フォーク 1500g以下  ⇒  超軽量アルミフレーム(例、TCR SLR、CAAD12など)

・フレーム&フォーク 1700以下   ⇒  ちょっといいアルミフレーム

・フレーム&フォーク 2000g以下  ⇒  普通のアルミフレーム

・フレーム&フォーク 2000g以上  ⇒  重量級アルミフレーム

フォークがカーボンフォークでも、アルミコラムなら重量は重くなります。
またコラムカットすれば重量はちょっと減ります。

私自身は200g程度の差では乗ってもわからないと考えていますので、メーカー値はそこまで気にしていません。
まあ軽いほうが嬉しいですけどね。

タレコミ情報お待ちしています

私自身が調べた範囲でのみ書きましたが、わからなかった車種も多いので、実測重量などお持ちの方は是非ご連絡お待ちしています。
特にビアンキ、キャノンデール、スペシャライズドなど。

フレーム重量を知っている方は特に大歓迎です。

参考までに、2018年モデル(アルミ)の紹介記事をこちらに挙げておきます。

【2018年モデル】FUJIのアルミロード、ROUBAIX1.3と1.5。オールラウンドに使えるアルミレーサー。

【2018年モデル徹底比較】お買い得アルミフレーム+105のGIANT CONTEND SL1、MERIDA SCLUTURA400、RIDE400を比較してみる。

【2018年モデル】MERIDAのRIDE80。低価格ながらもロングライドで本領発揮。

【2018年モデル】MERIDA SCULTURA 100。上質なアルミフレーム&クラリス搭載でお手頃価格に抑えた名車。

【2018年モデル】MERIDA SCULTURA400。アルミフレーム&105だがSCULTURA700とは何が違う??

【2018年モデル】MERIDAのSCULTURA700。ハイエンドアルミフレーム&105搭載で万能なモデル。

【2018年モデル】MERIDA RIDE400。ロングライド志向の105搭載アルミフレーム。

【2018年モデル】FELTのエントリーアルミレーサー、FR60。新型クラリスで登場。

【2018年モデル】ビアンキのFENICE PROに、カンパニョーロのケンタウルモデルが登場!

【2018年モデル】ビアンキ IMPULSO(インプルーソ)。2017年モデルとの違いは??

【2018年モデル】ビアンキ VIA NIRONE PRO(ヴィアニローネ)はクラリス、ソラ、ティアグラの3モデル。新色のラピスブルーにも期待。

【2018年モデル】MERIDAのREACTO400。アルミフレーム&105でエアロなニクイ奴。