PVアクセスランキング にほんブログ村

FOCUS IZALCO MAX デュラエース完成車とアルテグラ完成車が激安に。

FOCUS(フォーカス)はドイツの比較的新しいブランドで、シクロクロスの世界チャンピオンが創設したブランドとしても知られています。
そんなフォーカスの軽量カーボンバイクというとイザルコマックスなのですが、2016年のツールドフランスで総合順位2位にも輝いたバイクです。



そんなイザルコマックスがサイクリングエクスプレスで激安になっているのでご紹介いたします。

FOCUS IZALCO MAX デュラエース

Focus Izalco Max Dura Ace 11 Carbon Road Bike

イザルコマックスの大きな特徴ですが、フレームが超軽量です。
公称重量はフレーム750g、フォーク295g
かなりの軽量ですよね。

今期大注目のLOOK 785 HUEZ RSと似たような重量ですね。

【2018年モデル】LOOK 785 HUEZ RSの国内定価が発表に!軽量バイクとして人気が出そうな一台。

デュラエース完成車ですが、国内定価だと649,000円(税抜)です。
サイクリングエクスプレスだと、399,999円(VIP価格)とかなりの激安に。

※ただし国内モデルとサイクリングエクスプレス取り扱いモデルではホイールなどが違います。

デュラエース完成車で40万というのは、破格です。

スペックを見ていきましょう。

フレームカーボン
フォークカーボン
STIデュラエース
クランク FSA SL-K Light Carbon, 52/36T
BBPF30
FDデュラエース
RDデュラエース
スプロケデュラエース

11-28T

ホイールDT Swiss R20 Dicut チューブレス
タイヤSchwalbe Pro One チューブレス 25c
ブレーキデュラエース
重量

旧モデルなのでデュラエースでもR9100ではなくて9000デュラのようです。
総重量は不明ですが、デュラエース組でかつ軽量フレームなので、恐らくですが6キロ台後半から7キロ台前半あたりでしょう。
ちなみに国内モデルだと6.9キロです。

国内モデルだとクランクがデュラエースだったりホイールがフルクラムのレーシング3だったりしますが、軽量なクランクであるFSAのカーボンクランクを装備し、チューブレスタイヤを装備しています。
すぐにでもレースで使えそうなスペックですね。

Focus Izalco Max Dura Ace 11 Carbon Road Bike

FOCUS IZALCO MAX アルテグラ

Focus Izalco Max Ultegra 11 Carbon Road Bike

こちらはアルテグラ完成車です。
国内価格だと469,000円(税抜)ですが、サイクリングエクスプレスだと299,999円(VIP価格)と激安。

※ただし国内モデルとではホイールなどのパーツが違います。
国内モデルではホイールがフルクラムのレーシング7。

パーツスペックはこんな感じ。

フレームカーボン
フォークカーボン
STIアルテグラ
クランクアルテグラ, 52/36T
BBPF30
FDアルテグラ
RDアルテグラ
スプロケアルテグラ

11-28T

ホイールDT Swiss R20 Dicut チューブレス
タイヤSchwalbe Pro One チューブレス 25c
ブレーキアルテグラ
重量

こちらも旧モデルなので、R8000アルテグラではなく6800アルテです。

クランクをシマノにしているので、アダプターとかでBBを対応しているものと思われます。
こちらもホイール&タイヤがチューブレスです。

国内モデルでもアルテグラ完成車の重量の記載がありませんが、恐らくは7キロ台前半とかでしょうか?
こちらもすぐにでもレースで使えそうなスペックなのがいいですね。

Focus Izalco Max Ultegra 11 Carbon Road Bike

中級者以上にオススメの一台

軽量フレームで、なおかつチューブレスタイヤ装備なので、全くの初心者だとちょっと扱いづらいかもしれません。
どちらかというと中級者以上、2台目以降のバイクという感じでしょうか。

もちろん初心者でも乗れなくはないですが、軽量フレームはそれなりに気を遣います。
初心者の場合、まずはビンディングペダルに慣れることから始まりますが、こういう軽量フレームで立ちごけとか繰り返すとあまり良くないので・・・
もちろん立ちごけ一発でフレームが割れるということはさすがにないとは思いますが。

軽量フレームなのでヒルクライムに向くと思います。

ちなみに調べたところですが、イザルコマックスについているホイールの【DT Swiss R20 Dicut tubeless】、これの重量はF675g、R858gのペアで1520gのようです。
レーシング3が1550gですので、重量的にはレーシング3よりもちょっと軽いくらい。
チューブレスホイールですし、完成車に付属するホイールとしてはかなり上質な気がします。

どちらも旧モデルなので、在庫は限られているようです。
サイズが合う人には、かなりお買い得な完成車と言えそうです。

フォーカスですが、私自身は結構好きなメーカーです。
ですがあまり見かけません。

日本の代理店が弱いのか知りませんが、自転車屋でもあまり見かけないブランドです。
モノ自体はかなりいいので、手ごろな価格でデュラエース&軽量フレームが欲しい人には最強の一台と言えそうです。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…