PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

2022年モデル、フルカーボンのクロスバイクというと。

2022モデル
スポンサーリンク

「フルカーボンのクロスバイクって、Trek以外に何かありますか?」と質問されたのですが、カーボンフレームのクロスバイクは今も昔もまあまあマニアックなジャンルです。
マニアックというのは悪い意味ではありません。

2022年モデル、カーボンフレームのクロスバイク

トレックのFX SPORTはカーボンフレームのクロスバイクです。

blank
Trek Bikes - The world's best bikes and cycling gear | Trek Bikes (JP)
トレックのバイクは、冒険心に後押しされ、歴史に導かれ、コミュニティーに勇気付けられ、どこまでも続く道の自由さに魅了され、そして常に、世界最高の自転車を造ることを約束します。

トレックはずいぶん前からフルカーボンのクロスバイクがありますし、ちょっと前にはモデルチェンジまで果たしてます。

 

トレックのカーボンクロスバイク、FX Sportがモデルチェンジという話。
トレックはなかなか幅広いラインアップだよなと思うのですが、昔からカーボンフレームのクロスバイクを出してますよね。 あれって、そこそこ需要があるから販売しているのだとは思いますが、モデルチェンジにおけるある部分がちょっと引っ掛か...

 

モデルチェンジについて一点「惜しい」ポイントがありまして、リアエンド幅135mmクイックになっているところ。
クロスバイクをパーツ交換してグレードアップさせながら楽しみたい層なら、何が惜しいポイントなのかは一瞬で理解出来るかと。

 

それ以外でカーボンフレームのクロスバイクというと、スペシャライズドのSIRRUS X 5.0もカーボンフレームのクロスバイクです。
何年か前だと「シラスカーボン」という車種名だった気がします。

 

あとは、キャニオンのRoadlite CFもカーボンフレーム。

blank

blank
Canyon
Discover the best bikes, at the best price direct to your door. Shop mountain, road, triathlon, gravity, urban, fitness, accessories and get expert support buyi...

あと、クロスバイクというジャンルに当てはめるのが適切なのかはわからんけど、デローザのMETAMORPHOSIS。
これについてはいろんな意味でぶっ飛んでいるので、持ってる人が日本にいるのか謎です。

 

それ以外・・・なんかあったかな?
昔で言うならコルナゴ、ビアンキあたりにもあった気がします。

 

一応、思い付く範囲内でまとめておきます。

ブランド 車種 コンポ タイヤ 価格(税込)
トレック FX SPORT6 GRX1×11 40c 350900
FX SPORT5 GRX1×11 40c 243100
FX SPORT4 1×10 40c 202400
スペシャライズド SIRRUS X 5.0 SLX1×12 38c 275000
キャニオン Roadlite CF 9 LTD SRAM X01 Eagle AXS1×12 30c 389000
Roadlite CF 8 R8000

2×11

30c 219000
デローザ METAMORPHOSIS SHIMANO ALFINE ベルトドライブ内装8段 836000

※キャニオンは輸入消費税は別。

 

デローザのMETAMORPHOSISについてはぶっ飛んでいるのがよくわかると思います。

 

カーボンフレームのクロスバイクといっても、トレックやスペシャライズドはグラベルロード的な方向性でタイヤ太め、コンポもフロントシングルにこだわっているように見えます。
キャニオンはスラムの電動コンポのモデルまで用意してあるし、デローザについてはターゲットがどこなのかさっぱりわからないけどアーバンバイクに仕上げてます。

マニアックなジャンル

カーボンフレームのクロスバイクはマニアックなジャンルと書きましたが、もちろん悪い意味ではなく。
クロスバイクを買う人の多くは、いわゆる街乗りや通勤通学などの実用性を求めて買うと思います。
カーボンフレームのクロスバイクについては、実用性よりも趣味性が強く出ているスペックで、ツーリング的な目的で買う人の方が多いのではないかと。

 

デローザのMETAMORPHOSISが駅の駐輪場に停まっていたら、目を疑う光景です。
すぐに盗まれそうな気もするけど、まず見かけない独特の形状だし貴重品に近いので、盗んだ人もそのへんを普通に走るわけにもいかないし、転売しようとしたらすぐにバレそう。

 

逆点の発想で盗まれにくいかもしれません笑。

 

ドロップハンドルは好きではないけど、高いスペックのフラットバー自転車が欲しい層は一定数いるので、トレックなんかはずっとカーボンフレームのクロスバイクを出しているのかもしれません。





コメント

タイトルとURLをコピーしました