PVアクセスランキング にほんブログ村

コルナゴARABESQUEがカッコ良すぎる。

コルナゴのクロモリフレームに、ARABESQUE(アラベスク)というものがあることをご存知でしょうか?
コルナゴ30周年を記念して1984年に限定販売したやつです。

コルナゴARABESQUE

https://www.colnago.co.jp/bikes/arabesque/

1984年に限定販売されたアラベスクですが、今も復刻版として発売されています。
フレームセット販売で41万。
スレッドフォーク仕様だと41.8万。
フォークのメッキ出しとか、激しく欲しくなる一台です。

いやね、たまたま某オークションサイトをみていたら、アラベスクが出ていたのですよ。

しかも、復刻版ではなく1984年の限定モデルが!

しかも、未使用!

なんで未使用?とツッコミたくなるけど、画像を見る限り見た目は新品。
貴重なものが発掘されるもんだなあと。
今2022年ですから、38年前に限定販売されたモデル。

まずびびったのは、注目度の高さ。
200人が狙い済ましてスタンバイ中になっている。
それと、時代が時代なので、リアエンド幅が126mm。

もう何年も前の話になりますが、あるショップにジオスのオールドフレーム復刻版があって、かなりカッコ良くて。
一時期、本気でアリなんじゃないかと考えてしまったのですが、忠実に再現しているためリアエンド幅が126mm。

これって、エンド修正して使うのか、それともハブを何とかしてエンド幅126mmのホイールにするのか?
126mmのハブなんてまだあるんですかね。
あまり詳しくないので知りません笑。

コルナゴのアラベスクの初代が未使用で存在するというのが凄い。

注目度

読者様の中でも、最近クロモリフレームを選ぶ人がまあまあいらっしゃる。
理由はいろいろですが、

読者様
読者様
人生最後の一台として

このように言われてしまうと、なんか終活なんじゃないかと考えてしまい縁起でもない笑。

けど、狙いすましている人の多さをみると、クロモリの人気ってあるんだなと実感します。
エンド幅126mmなんて、今のディスクブレーキ車の142mmからするとビックリしちゃうよね。