PVアクセスランキング にほんブログ村

ゴリゴリではなくシュッシュくらい?

ディスクブレーキ派の方の方には全く関係ないメンテになりますが、アルミリムのブレーキゾーンをキレイにするマヴィックストーンの話。

力加減?

これ、ゴリゴリ力を入れて使ってもリムがダメージ受けないのか?と聞かれたのですが、力をゴリゴリ掛けて使うもんではないと思いますよ。
ゴリゴリではなく、シュッシュくらい?
力の入れ具合を言葉にするのは難しい。

たぶん一番近いイメージは、消しゴムです。

ちょっと話は変わりますが、高校時代にちょっと変わった先生がいまして。
筆圧強すぎてチョークはボキボキ折りまくるし、黒板消しもたぶん力入れすぎなんでしょうね。

その先生の授業のあとは、誰か暴れたのか?と思う程度に荒れてましたから笑。

なので「消しゴム程度に」と言ったところで、どうもあの人を思い出してしまう。
たぶん、黒板すら破壊できる程度に力強く黒板消しを使ってました。

マヴィックストーンですが、私の感覚だと「擦る程度」。
この表現もビミョーだな笑。
擦る程度と言ったところで、あまりにも力強く擦る彼の姿が目に浮かびます。

結局のところ、ヤスリ掛けしているのと同じ。
力入れすぎたらあんまり良くない気もするけど、リムを破壊するレベルで力強くやる人はさすがにいないと信じるしかない。

タイヤに注意

タイヤつけたままブレーキゾーンを擦るのは問題ないけど、マヴィックストーンの端がタイヤに当たったままリムを擦ればタイヤもダメージ受けます。
ちょっと注意していれば何ら問題ないけど、ちょっとだけ注意。

本当はタイヤ外した上で、ちょっと濡らしながらストーンで擦るほうがキレイになるみたい。
だけど面倒なのでそこまではしません。

結局のところ、このメンテの目的はブレーキゾーンをキレイにすること。
これをやったと同時にブレーキシューも確認しておいたほうがよいです。

シューが汚れていればまたすぐにリムが汚れるし、シューに金属片が残っていたらリムを攻撃するだけ。
シューはピンセットとかマイナスドライバーの細いやつでホジホジしてあげればいいです。

当たり前ですが、カーボンリムをマヴィックストーンで擦るのはダメ、絶対。
今は亡きエグザリットとか、シャマルミレなどプラズマ電酸化処理したリムもダメ、絶対。

そういや、シャマルミレとかレーゼロナイトとかありましたね。
ちょっと違うけど、いまだにシャマルゴールドって人気が高いのですかね。
ちょっと前にヤフオクに出てましたが、やたら強気な値段設定でびっくりしました。