PVアクセスランキング にほんブログ村

新型105に伴い、ティアグラはどこへ行く。

新型105DI2が登場したことに伴い、ティアグラ4700は11速になるのか?という疑問があります。
実際のところ、さっぱりわかりません。

ティアグラはどこへ行く?

実際どうなるかはさっぱりわかりません。
105に機械式変速12速コンポが出るなら、ティアグラが11速化してR4800?R4000?としてリニューアルする可能性はアリ。

ティアグラ4700ってもうだいぶ長い間モデルチェンジしてないわけですし。
長い間モデルチェンジしなかった結果、ロードコンポで唯一の「R無し」コンポになってしまいました笑。

ただまあ、シマノが電動シフトに移行しているのは、フル内装フレームとの相性問題も大きい。
ワイヤー変速よりも電動シフトのほうが、フル内装と相性がいいことは確実ですから。

けどこの問題、とりあえずR7000以下はそのまま残してくれれば皆様納得なんじゃない?
無理にモデルチェンジしないでも、今のまま105以下を残して頂ければそれで十分な気もします。

ソラとクラリスの油圧化

9速ソラと8速クラリスですが、とりあえず今のところ油圧化していません。
たぶん、この2つは油圧化しないでワイヤー引きディスクブレーキのままなんじゃないかと、以前から予想してました。

油圧化すると、完成車価格がさらに上がりますから。
入門アルミロードに搭載されるソラやクラリスが油圧化して値段が上がることは、初心者が気軽にロードバイクを買いにくくする愚策。

現行のティアグラ4700と、105(R7000)が事実上統合する形で11速化する可能性もあるし、とりあえず今のまま残る可能性もあります。
個人的には、新型105Di2についてはあえて「105」の名前を使わずに新しいグレードとして登場させて、現行105以下はモデルチェンジ無しのままでもいいんじゃないかと思うけど、105Di2化により「とりあえず105」という流れは終焉したのかもしれません。

105Di2ってアルミフレーム完成車も出るのか出ないのかはわからないけど、昔のように「アルミ105完成車」を気軽に買いやすい価格帯で!という流れは終了。

まあ、そもそも私は「無理に105にこだわる必要はない」という考え方なのですが、そう言いながらも105とアルテグラのミックスだったりするのであんまり説得力もない。

これからの時代、シマノではなく中華コンポが隙間を埋めてくる可能性は、、、完成車に搭載されることはまだ無いでしょう。

しばらく様子を見るしかないですね。
グラベルコンポも12速化するでしょうし。