PVアクセスランキング にほんブログ村

チェーン洗浄にアルカリ性は避けよう!

先日の記事ですが、

凄くどうでもいい話をします。 違和感 昨年のこと。 アルカリ性洗剤によるチェーン洗浄はよろしくない話を書いたときに、アルカリ性...

どこの何なのか?と質問を頂きましたが、それについては書きません。

強アルカリ

弱アルカリ性のチェーン洗浄液ならいくつか思い当たるものはありますが、当該製品は強アルカリ性です。
そりゃ、洗浄力が高いわ。

とりあえず、お答えできるのは以上になります笑。

ただまあ、私としてはメーカーが「やめてね」と書いていることについてわざわざ実行する理由が見当たらないと言いますか。

○シマノ

チェーンを適切なチェーンクリーナーで定期的に洗浄してください。
錆び落とし等のアルカリ性、あるいは酸性の洗浄液は決して使用しないでください。これらを使用するとチェーンが破損し、重傷を負う恐れがあります。

※錆び落としのような強い酸性、アルカリ性のみがダメという趣旨なのか?酸やアルカリなど中性以外は避ける趣旨なのかをカスタマーセンターに聞いたところ、後者だそうです。

○カンパニョーロ

Before lubricating, thoroughly clean the drive system (chain, sprocket set, chain-rings and derailleur pulleys) with a brush or cloth
saturated with a neutral detergent. Never use alkaline or acid based solvents, such as rust preventive products, as they could break
the chain, resulting in possible serious injuries.

潤滑する前に、ドライブシステム(チェーン、スプロケットセット、チェーンリング、およびディレイラープーリー)をブラシまたは布で完全に清掃します。
中性洗剤で飽和。防錆製品などのアルカリ性または酸ベースの溶剤は、破損する可能性があるため、絶対に使用しないでください。
チェーンにより、重傷を負う可能性があります。

○大同工業

チェーンの洗浄方法は?

チェーンに砂、金属粉などの物質が付着したまま使用した場合、摩耗の助長やチェーン硬直などが発生し寿命が短くなります。このような有害な物質を洗浄で取除いて下さい。洗浄は灯油に浸し、乾燥後十分に給油して下さい。ただし、シールチェーンの場合、灯油でシールが劣化する場合がありますので、10分間以上浸さないで下さい。洗浄液にはチェーン・スプロケットに有害な酸やアルカリあるいはガソリンや高揮発性溶剤などは使用しないで下さい。なお、シールチェーンにはワイヤーブラシを使用しないで下さい。

○和泉チエン

※雑な紹介になり申し訳ありませんw
こちらのほうがわかりやすいので。

そりゃ、使ったら必ず割れるわけじゃないし、リスクの話ね。
中○ししたから必ずできるわけでもないでしょうに。
だからといって無責任なことしたら大変なことになるのは言うまでもなく。

あとは知らん

前回の話については、「昨年うちの記事に何回かコメントしてませんか?」と聞いてみたところ、何日経っても返事すら来なかったので、証拠とともに「以前コメントしてきた方と同一人物ですね」とメールしておきました。

同一人物かどうかはまあまあどうでもいい話なんですが、どうも以前コメントしてきた内容に不信感しかないのと、メーカーがやめてねと説明していることをわざわざ勧めるのも違う気がする。
ついでに、某所にもご報告しました。
お忙しい中くだらないメールしてしまい申し訳ありません。笑

自転車界ではよく耳にする「自己責任で!」なんですかね。
出来ちゃったら責任を取るのはニッポン男児に課された責務ですが、私は責任なんて取れませんから他人に勧めることはしません。
カジュアルに中○ししちゃダメなんですよ。

赤信号を無視したら必ず摘発されたり、必ず事故るわけでもない。
だからといって信号無視していい理由にはならない。
ヘルメット被らなくても、事故らなかったという結果だけで「不要」とは言えない。
エスカレーターで放屁しようと、結果的に臭くなければOKなんですか?
いや、後続者である私は気づいてますよ。
あなたがカジュアルに放屁したことを。
肩幅程度に足を開き、やや腰を落として腹圧を高めるポジションに入ったことを見逃しませんでしたよ。
なんでポジションを取るのみならず、実行するのですか?
エスカレーターのような段差があるところで放屁したら後続者は顔面で受け止めることになるわけだから、せめて平地でしろと。
平坦な場所で、後続者の有無を確認してからしろよ。

何の話してるのかわからなくなってきたけど、世の中いろんなことがあるよね。
結果論で評価するか、リスクを考えるかの話。
アルカリでチェーンを洗浄するなと各社が公言しているし、エスカレーターで後続者の有無を確認することなく放屁するなと私が断言しているのですよ。

どうでもいい話を。 エスカレーターで先行者が放屁 昨日のこと。 昼間に某所のエスカレーターに乗ったところ、先行ジジイが盛大に放...





コメント

  1. カモがネギしょってる より:

    >ガソリンや高揮発性溶剤などは使用しないで下さい。

    シールチェーンじゃなければガソリンがダメな理由はないと思うのだけど。灯油と違ってリンクの中に残ってオイルを分解して油膜切れのリスクもほとんどない。
    レーシングカートなんて、チェーンとスプロケットを余ったガソリンで洗って終了するのが定番ですし。
    安全面で予防線を張ってるんですかね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      当該文章は「スプロケット」が含まれているのでシールチェーンに限定してませんが、単純に引火性とか安全性の問題かもしれないし、他に理由があるのかはわかりません。

  2. あかぼりの人 より:

    KMC製のチェーンを使っている者です。
    KMCチェーンのメンテマニュアルでは、チェーンを洗剤(ガソリン、軽油など有機溶剤も)に浸すのも禁止されているので、こっちも、紹介してほしいです。
    (ただし、日本語版ではイラストのみになっています)

    マニュアルでは、汚れをブラシで落として、中性洗剤を含ませた布で、表面を拭くとされています。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ネットでマニュアルを探してみたのですが、日本語版しか見つかりません。
      どこにあるかご存知でしょうか?

      • あかぼりの人 より:

        kmcの.comドメインにあります

        https://www.kmcchain.com/tw/download
        KMC 保養手冊

        強力な洗剤が大陸に多いとか、あるのかもしれないですが、メンテ期間も250km毎と安全方向に設定せれていて、自分も守っていないです。

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          後でじっくり読ませて頂きます。
          ありがとうございました。