PVアクセスランキング にほんブログ村

SCOTT SPEEDSTER 40の注意点。

エントリーグレードも続々と値上げされているロードバイク界ですが、スコットのアルミエントリーロードというとSPEEDSTER。
SPEEDSTER 40はリムブレーキとディスクブレーキがありますが、どちらもクラリス完成車です。

SPEEDSTER 40の注意点

https://www.scott-japan.com

最近はクラリス完成車も高いなと感じちゃいますが、値段はこんな感じ。

SPEEDSTER 40SPEEDSTER 40 RIM BRAKE
143000円119900円

注意点ですが、なぜかスコットはSPEEDSTERのうち40だけがアルミフォークです。
理由・・・コストダウン目的なんですかね。

ただし今のSPEEDSTERってディスクブレーキ版が32c、リムブレーキ版が28cと太めのタイヤなので、アルミフォークだからといってそこまで振動がきついわけじゃないでしょうけど、重量はどうしても重くなります。

コンポ重量値段
SPEEDSTER 40 RIMクラリス10.4キロ119900円
SPEEDSTER 40クラリス11.2キロ143000円
SPEEDSTER 30ソラ10.5キロ159500円
SPEEDSTER 20ティアグラ10.4キロ192500円
SPEEDSTER 1010510.07キロ253000円

ちなみにSPEEDSTERのディスクブレーキモデルは下位グレードでも内装にしていることでも一時期話題になりましたね。
メンテナンスコストが上がるとか。

スコットのアルミロード、SPEEDSTERにクラリス完成車が登場するようです。 SCOTT SPEEDSTER40 ほぼどの...

エントリーなのにショップでの工賃が高くなるのはどうなんだ?という声もありましたが、そのあたりも含め理解して買うのが吉。

重量の差

重量が重いとどうなるんだ?という話ですが、SPEEDSTERは32cを履いたエンデュランスロード。
重量が重いほど登りが不利になるとかいろいろありますが、数百グラムの差は気持ちの問題とも言えなくはない。

ただまあ、あえてこれを書こうと思ったのはちょっとだけ理由があって、

管理人
管理人
あんまり調べずに買う人が増えてるのかな?

見た目だけで買うことについては否定するつもりもないけど、買ってから「アルミフォークとは知らなかった」などと文句が出てきても、それは調べない人にも問題があるのでは?と思うところがありまして。
これはこれで楽しめる一台だと思いますが、楽しみ方の一つとして軽量化が出てきた際にはまあまあ困ってしまうかもしれません。

ロードバイクの楽しみ方っていろいろあるのでね。
乗り方もそうだし、弄る楽しみ方もあるし。