PVアクセスランキング にほんブログ村

サーモスのロードバイク用保冷ボトルは三種類。

先日の記事についてご意見頂きました。

読者様
読者様
私も夏はサーモスのステンレスボトルを使っています。ポディウムアイスも2本体制で併用していますが、ポディウムアイスが保冷ボトルなら、ステンレス系は他の呼び方が必要、というレベルで保冷力には差があります。食わず嫌いという方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には一度使ったら戻れない類のものと思いますので、未経験の方には強くお勧めしたいです。

いわゆるプラ系保冷ボトルと、ステンレス系保冷ボトルはまるで別物です。
似て非なるもの。

ところでサーモスのロードバイク用保冷ボトルには三種類あります。

サーモスの保冷ボトル

FFQ-600FJF-580FJP-600
飲み口ストロー
容量600ml580ml600ml
長さ23cm23cm23cm
重量270g280g280g
冷温保冷専用冷温兼用保冷専用
値段3850円4180円3960円

たぶん、元々はストローボトルが先に販売されていたはずなので、ストローボトルを使っている人が多いような勝手な印象があります。
ストローよりも直飲みのほうがロードバイク向きかなとは思いますが。

もちろん全てスポーツドリンクOKですが、冷温対応のFJF-580については「温めたスポーツドリンクは不可」。
温めて飲む人がいるとは思えないけど。




ステンレス系保冷ボトルは

一般的なプラ系ボトルよりも重いし飲みにくいことは何ら否定しません。

そんなことよりもメリットが上回るので、気にしなくなるので。

ぶっちゃけずっとステンレス系保冷ボトルなんて不要だと思っていたけど、たまたま買ってみたら一瞬で改心しちゃうわけで笑。
重量よりも温度なんでしょうね。

ちなみにストローボトルのストロー、ストロー部分をどうやって洗うのですかね。
昔居酒屋でアルバイトしていたことがありますが、ビールサーバーとタンクを繋ぐホースについては、毎日専用のスポンジみたいなのを流して洗わないとすぐにカビ臭くなると聞いてました。
洗浄する段階でビールが無駄になるため、変にケチって滅多に洗わない居酒屋もあるらしいけど、結構ヤバいんですよ、あれ。

コロナ初期に生ビールをやめて瓶ビールのみにした店舗があるのは、大して客が来ないけど客が生ビールを注文したら洗わないといけなくなり、ロスが大きいからです。




コメント

  1. T.K より:

    先日のステンレスボトルの記事にコメントした者です。
    サーモスのステンレスボトル、私が使っているのはストロータイプです。ストロー部分を洗う時は、スポーツドリンクを入れてますので糖分が残らないようにはしているつもりですが、強めに水道水を流し入れたりする程度でかなり適当ですね… 乾かした後、変なにおいがしてなければ大丈夫、という大らかな気持ちで運用しています。
    もともと清潔さに関してはそんなに神経質な方ではなく、ポディウムの飲み口の分解洗浄も、この前いつやりましたっけ、ぐらいなので。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      調べてみたら、ストローブラシがありました。


      私も比較的無頓着な人間ですが、こういうのを使ったほうが良さそうですね。

      • T.K より:

        なるほど、こういうのがあると安心ですね。買ってみようかな。

        • roadbikenavi より:

          どうも学生時代のビールサーバーの件を思い出すのですが、使ったほうが良さそうです。