PVアクセスランキング にほんブログ村

自転車ナビラインとその効果。

自転車ナビラインって本当に効果があったのか?と質問されたのですが、ぶっちゃけて言います。

管理人
管理人
十分な比較調査もないまま進んだ事業(?)なので、本当に効果があったのかはわかりません。

警視庁の調査では

blank

警視庁の調査では以下のようになっています(平成29年)。

設置前 設置後 増減
事故数 447 403 9.8%減
歩道通行率 62.8% 58.2% 4.6%減
左側端通行率 23.2% 27.9% 4.7%増
逆走自転車 180 100 44%減

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/navimark.html

まあ、横断歩道の停止率同様にサンプル数も少ない調査なので、参考程度に。
逆走自転車を減らす効果はあるのかなと思いますが、その後の調査がないのでわかりません。

ただまあ、一部混乱を招いているのも事実。

いろんな人
いろんな人
自転車ナビラインに法的な効力はあるか?
管理人
管理人
道路交通法18条1項でいうところの「車道の左側端」を示しただけなので、それ自体は目安に過ぎないかと。
たまにおかしな位置に描いてあることもあるので。
なお、車道外側線は道路交通法上、何の効力もありません。

blank
だいぶ前に書いた記事についてご意見を頂きました。 ※歩道がある道路のみを検討します。 裁判所...

いろんな人
いろんな人
自転車ナビラインの上を車やオートバイが通行してもいい?
管理人
管理人
道路交通法18条1項は自転車が左側端、車やオートバイは自転車の通行分を空けた上で左側に寄ることとなっていますが、「左側」の範囲には「左側端」を含むと解釈されているため(注解道路交通法、判例タイムズ284号、詳解道路交通法、逐条道路交通法など)、自転車ナビラインの上を車やオートバイが通行しても即座に違反とは言えません。
いろんな人
いろんな人
自転車は自転車ナビラインの上を通行する義務はある?
管理人
管理人
道路によります。
たまにおかしな位置に自転車ナビラインがあるので。
自転車ナビラインが車道の左側端と合理的に判断できるなら通行義務がありますが、追い越しするときや路駐を避ける目的なら左側端通行義務が一時的に解除されます。
読者様
読者様
自転車ナビラインは必要ですか?不要ですか?どっちなんだい?
管理人
管理人
◯要です笑。
いろんな人
いろんな人
自転車ナビライン上を走らない場合に罰則はありますか?
管理人
管理人
そもそも18条1項には罰則規定がないので、事故に遭ったときに民事上の過失になるかどうかの話です。
なお、軽車両(リアカー)に後ろから車が衝突した事故について、「あと50センチ左側に寄るべき18条1項の違反があった」とする判例があります(横浜地裁横須賀支部 昭和47年1月31日)。
いろんな人
いろんな人
車両通行帯なら第一通行帯の中をどこでも走れるのに、左側端に自転車ナビラインがあるのはおかしい。
管理人
管理人
そもそも車両通行帯は公安委員会が意思決定した複数車線道路のみを指すので、一般道には交差点手前か専用通行帯くらいしか車両通行帯はありません。
なのでその道路を見てみないと、自転車ナビラインがおかしいのかはわかりません。
なお、以下の判例があります。
①公安委員会が車両通行帯の意思決定をしてない片側二車線道路について、軽車両は第一車線の左端とし、速度が遅い原付も18条1項の立法趣旨から軽車両と同じ第一車線の左端を通行すべきとした判例(福岡地裁小倉支部 昭和48年1月19日)。
②車両通行帯であっても「自転車は第1車線の左寄りの位置を通行するのが通常であり、これを前提にほかの車両も通行するものである」とした判例(福岡地裁久留米支部 令和2年6月12日、控訴棄却福岡高裁 令和2年12月8日)。

blank
この記事は以前書いたものを全面的にリニューアルしてます。 以前、片側2車線道路において、自転車で第1車線の真ん中を通行して大騒動を起こした...

※福岡地裁久留米支部 令和2年6月12日については、双方が車両通行帯であることを争っていない点に注意。

ナビラインの貢献度

blank

ナビラインの恩恵…逆走を減らしたくらいしかないかな…と考えてます。
逆走自転車はかなり危険なので、減らしたという点については評価しても良さそうですが、過大評価する向きも過去にはあったのでもうちょい慎重に検討すべきだったようには思います。

某大手メディアが自転車ナビラインマンセーの記事をアップした後、記事のコメント欄に「実態と異なる」という住民の意見が寄せられて、コメント欄ごと削除した事例もありました。
まあ、そのメディアは滅亡してしまいましたが。

blank
年末にですが、ちょっと用事がありまして東京の府中に行く機会がありました。 府中駅から甲州街道(国道20号)を新宿方向へ15分くらい歩いたの...

逆走自転車を減らすのは大切ですし、逆走自転車によりこのような重篤な障害を負うことになった事例もありますし、

blank
先日挙げた判例なんですが、 ちょっと補足。 なぜ車道ロードバイクにも5割の過失が付いたか まず、事故の前提...

逆走自転車と衝突事故2回により、安全運転義務違反と過失運転傷害で書類送検された順走自転車の事例もありました。
この事例は違反者講習行きや書類送検されたことについて国家賠償請求訴訟をしていますが、請求棄却。
たぶんこれ、弁護士無しの本人訴訟です。

blank
以前から逆走自転車問題については何度も書いてますが、逆走自転車との距離があるときには、左端に寄せて停止して待ったほうがいいよと書いてきました...

そのほか、逆走自転車と衝突した自転車に過失100%とした判例もありますし、なんでルールを守っている側の自転車が「被害」を負わなきゃいけないのか理解に苦しむ事例はあるので、逆走自転車を容認するかのような主張をする奴らは早く滅亡してくれとしか思っていません。

blank
逆走自転車問題は本当に腹立たしいし、ジャパンが誇る道路交通法の中でも初歩中の初歩が「左側通行義務」。 左側通行義務については、守ることに何...

そういう意味では自転車ナビラインが一定の成果を挙げた可能性はありますが、混乱を招いた部分も否定できないので、手放しで「自転車ナビラインマンセー」を地球の真ん中で叫ぶのは何か違う気がします。
自転車乗りでも、わざと自転車ナビラインよりも右側を通行する人もいたりするので…

電動キックボードについては実証実験をしています。
自転車ナビライン等も実証実験とかモデルケースを立ち上げ、きちんと検証し、次のステップに活かすべきだと思いますが、電動キックボードの実証実験もややお粗末な結果分析だと感じる点もあります。
公務員は「結果分析がちょっと変」、「分析結果を元に先に進めたがる」、「失敗だったとは認めたくない立場だから…(以下略)」と感じますが、自転車ナビラインについてもそのような風潮があるのかな。

たぶん、結果分析や検証作業を第三者がやるシステムではない点に問題があるような。
行政訴訟をするときに、モノによっては審査請求という不服申し立てをしないと訴訟提起できないのですが、審査請求の審査者は同じ行政機関の人です。
仲間内で不服申し立てを審査したところで、変わるわけないんですよ。
名目上は「同じ行政機関の別部門で公平性がある」とか言うけど、同じ親方の行政機関内にダメ出ししにくいのは当たり前。
のび太くんとジャイアンが喧嘩して、スネ夫がジャッジしたらダメでしょうに。

自転車ナビラインについては、評価できるだけのデータを見たことないし、行政寄りの人間は「自分のお仕事」をマンセーするだけなんですよ。

全く無意味とは思いませんが、ナビライン描いて「自転車レーン誕生!」みたいに喜ぶ人をみるといたたまれない気持ちになるのがツラい。

blankblank
blankLifeLine – Motion ミニフロアポンプ (ブラック、ワンサイズ)




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…

コメント

  1. blank taku より:

    個人的な感覚ですが、
    左折専用レーンにナビラインがあると直進しやすいような気がします。

    あと自転車専用通行帯よりも逆走が少ないような気が。。。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ナビライン、そもそもどういう基準で設置しているのかわからないのですが、私の生活圏には一つもないんです笑。
      左折レーンの件は、逆に混乱を招く可能性もありそうな。

      自転車通行帯で逆走…話になりませんね。

  2. blank ぬるべぇ より:

    世の中、自転車という乗り物が我々が思うほど認知されていないですからねぇ。その認知度が若干上がった効果はあると思いますよ。チャリは歩道を走るもんだろ、なんで車道走ってんだって、ほざく無知なドライバーもいまだに腐るほどいますからねぇ・・。ナビラインの存在はそういう人達に対してのアピール効果はあるんじゃないでしょうか・・。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      確かにその側面はあるでしょうね。
      費用対効果としてどうなのか?なども検証しても良さそうなんですが。

  3. blank T.K より:

    ナビラインについてはあればあったで気が楽、と思っています。
    ドライバーの中には自転車は車道では車道外側線の外側を走るものと考えている人が一定の割合で存在するのでは、という気がするので、そういう人たちへの牽制というか、自転車はこの辺を走るものだという周知機能は充分果たしていると思っています。実際、ナビラインがあるときは自動車側が少し距離を取って走行してくれるし、無いところでは近いと感じることが割と多い、と感じます。自分はバーエンドライトを使用していますが、側方距離に関してはバーエンドライトよりナビラインの方がはっきり効果があると思っています。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      車道外側線の外側にナビラインがある場所もありますし、そもそも車道外側線自体が何の意味もないことを周知したほうがいいような気がします。
      車道外側線の外側が2mくらいあるような場所もあれば、すぐに側溝になる場所もありますし。

      ナビラインの延長線上に電柱があるのも見たことがあるので、書くならちゃんと書けと説教したいところです。